最近はめっきりと朝と夜が寒くなった。日中はまだ23~24℃であるが、朝夕は22℃程度までに落ちこんでいた。ミッピーちゃんや熱帯魚達は敏感に感じ取って、ミッピーちゃんは岩穴にいることが多くなったし、熱帯魚たちは底でじっとしていることが多くなった。まだ早いかとそのままにしておいたのであるが、このように急な温度変化はカメにも熱帯魚にもよくないことも書物でわかったので、帰宅してからヒーターを入れることにした。

ミッピーちゃん用と熱帯魚用のヒーターのワット数が違うので間違えないように確認してから投入した。ヒーターからの暖かい風?が吹いているのでミッピーちゃんはヒーターにのっかって休んでいる。そこから底にあるエサの残りを食べ始めた。

熱帯魚たちは少しずつではあるが泳ぎ始めた。こちら底にあるエサの残りを食べ始めた。ひっきりなしにエサを食べているエビたちも心なしか元気である。

使用しているヒータの種類は温度固定のオートヒーターなので、水温を26℃にあわせてくれる。夏は止めておいたので、しばらく使用してなかったがうまく動いてくれているようだ。

スポンサー広告



ヒーターを投入した直後、まだちょっとビックリしているミッピーちゃん。
IMG_4046

ヒーターを投入した直後、ヒーターの周りに集まって来る熱帯魚たち。
IMG_4053



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。