熱帯魚水槽を見ているとバルーン・ブラックマーブルモーリー(なまえ:『モーリーちゃん』)の眼が白くなっておりました。かなりのショックです!!このように眼が濁ってしまった場合は処置が必要となります。私は病気の類の知識は少ないので、どのような処置が必要か相談したところ、下記のような処置が必要とのことでした。

まずは隔離容器を用意しました。水槽の水を隔離容器の1/3まで入れて『モーリーちゃん』を移動させます。残りは水温を合わせてカルキを抜いた新水を注ぎます。

隔離容器が充分な水量になったら、まずは粗塩を0.5%濃度になるように溶かすそうなんですが、この「0.5%濃度」がミソで、この濃度調整が難しくてハードル高いと思われます。
そして治療薬の「観パラD」か「グリーンFゴールド」などの抗菌系の薬を規定量入れます。この2つの治療薬はないので「メチレンブルー」で処置します。これで様子を見るしかないです。

水槽はphがかなり低下しているか、有機物(汚れ)が蓄積している状態である可能性があります。そういう場合、モーリーは他魚種より早く症状が出ます。治療中に環境改善しなくてはいけません。何よりも『モーリーちゃん』が元気になってくれることを願うばかりです。

スポンサー広告



ビオトープ一式揃えたいなら!



片目が白くなっている『モーリーちゃん』。
IMG_5968

こちらは問題ない方の目の『モーリーちゃん』。
IMG_5969

メチレンブルーを入れた隔離容器の中で泳いでいる『モーリーちゃん』。
IMG_5990



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。