少し前に近隣の側溝で採取してきたザリガニともともと我が家で育てていたザリガニは共食いすることなく元気に育っている。ただ頭数が増えた分、水の汚れが早い。エサは煮干しを2,3日おきに与えている。

エサの与え方だが煮干しを手で持って水面わずかにつけてみる。そうするとザリガニがエサをとろうと引っ張るのが、こちらも捕られまいと引っ張るので綱引き状態になる。ちょっとしたザリガニ釣りになるので毎回遊んでいる。

水替えが大変だけど夏に向けてはホテイ草を投入して水のニオイを抑えるとともに共食い防止のエサとして使用しようと思う。小さいザリガニは隠れ家にもなるので一石三鳥だ。


スポンサー広告



親ザリガニと近所で採取した子ザリガニだが、両方とも片腕になっている。
IMG_2891



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。