レッドラムズホーンが大量に産卵しており稚貝が壁面に沢山くっついている。増えすぎたら増えすぎたで頭数調整はしないといけない。

親のレッドラムズホーンはかなり大きくなっており、この時期は一層色が赤くなる。気色悪いという人もいるかもしれないが、購入当初からそんな気持ちになったことはなく赤い綺麗な色に見とれてしまう。この貝の色は水が綺麗だと赤色になるが、水が汚れていれば茶色っぽくなるので、水の汚れ具合の指標にもなる。

このレッドラムズホーンは食欲旺盛プラス雑食性なのでとにかく何でも食べる。死んだ魚なんかを置いておくと、直ぐにものすごい数のレッドラムズホーンが集まってくる。ちょっと異様な光景なんだけど、この雑食性が水質安定に貢献してくれている。水が綺麗なら綺麗な色だし仕事もしてくれて簡単に増えてくれる、ありがたい貝だなと思う。


スポンサー広告



メダカの餌をたべにきたレッドラムズホーン。食いしん坊だ。
IMG_3117



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。