トリミングしたマツモにヒメダカが大量に産卵しており、連日10~20匹ぐらい捕れる記事を昨日書いたが、今日も大量に稚魚が捕れた。

諸先輩方には普通に見慣れた出来事なのかもしれないが、自分は7年もビオトープやっていてもこんな経験は全くなかった。もし去年プログを開始していたら『メダカの死亡記事』ばかり書いていたと思うし、今頃『全滅!メダカが早くもゼロに!』なんてタイトルもあったかもしれない。


スポンサー広告



しかし今年はとても順調にヒメダカの稚魚が増えており本当にうれしい!とてもうれしくて今後も同じような記事を何度か書いてしまうだろう。しかしながら、こうもうまくいくと現金なもので、白メダカも沢山増えないかな~なんて思ってしまう自分がいる。

白メダカを育てている容器にはマツモは入れていないので、このような状態にはならない。抽水植物を沢山植えているし、トリミングしずらい場所に容器を設置してあるから、沈水性の植物を投入しずらい。このあたりも産卵の数に影響したのであろうか?

スポンサー広告



すくってもすくっても、孵化するヒメダカたち。
IMG_3077



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。