我が家の環境でなぜ育てようなんて思ったのか?不思議な植物たちがいる。
命をそまつにして大変申し訳ないと思う。

◆生育環境
 ・千葉県
 ・マンション5階南西のベランダ(屋外)
 ・日照時間は5月では6時間40分程度
 ・海から1.4キロ程度
 ・強風かなり多い


スポンサー広告



◆水芭蕉(ミズバショウ)の苗

【購入動機】
当時(7年前)、ビオトープを始めたばかりであり、軌道?にのってきたのか、水がとても澄んでいた。『子供の頃の経験だけで十分だな。なんだ簡単だなー』なんて調子に乗っていた。

『そうだ!せっかく水が澄んでいるのだから、この水で育つ綺麗な花が咲く植物はないだろうか?』と探していて見つけた植物である。

ミズバショウを見つけた時は『これはいい!白くて綺麗で最高だな!』なんて思っていた。「夏の思い出」の一節、『水芭蕉(みずばしょう)の花が~♪ 咲いている~♪ 夢見て咲いている水のほとり~♪』なんて再現できたら、さらにビオトープライフも充実するだろうなんて考えていた。実際は主に湿地で育つ日陰植物で直射日光を苦手としているし、低い水温を好むので我が家の環境には全く向いていなかった。

結果は、購入後に葉焼けの症状がでて、あっという間に枯れてしまった(溶けていった)。
購入後1ヶ月ももたなかったと思う。大変後悔している。



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。