我が家の環境は南西に位置し強烈な西日が当たる。また海に近いことにより強風が度々発生する。強風は昨日から続いており連日となった。すでにウキヤガラの葉がさらに折れてきており、蕾だったアサザはおそらく日中に咲いたものの強烈な西日が当たり枯れかけていた。残念。


スポンサー広告



決定的な強風対策はないし、極論を言うとベランダをガラス張りにするしかないので、結局様子を見るしかない。また西日が当たるのは容器を置く場所を変えればいいが、そうすると日当たりが悪くなって水生植物はうまく育たない。ただ西日が当たる環境は、イコール強風をまともに受ける環境でもあり、いわゆる『諸刃の剣』である。

アサザは蕾は毎日のように水面から伸びてくる。アサザは朝に咲くが朝は出勤前の準備で忙しい。アサザが咲いている場面はいつか見れるだろうか?

スポンサー広告



スイレンは最近暑くなってようやく葉が少し出てきたけれども早く沢山の葉で水面を覆ってもらい影を作り出してくれないと西日が当たり水が煮立ってメダカやミナミヌマエビが死んでしまうのでやきもきしている。

ウキヤガラの葉がさらに折れてきている。
IMG_2882

もうアサザの花も枯れている。
IMG_2875

スポンサー広告



スイレンの葉はようやく出てきた。
IMG_2879



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。