今日も暖かいです。とっくに春になり桜も咲いて散り、新緑の季節を迎えております。ビオトープもメダカやミナミヌマエビ、ヒメタニシなどが水面に出てきて、楽しむ季節になりましたが、我が家のビオトープは春の水替えをしておりませんでした。なかなか休日に空きがないからです。

しかしながら、ようやく時間を持つことができましたので、遅くなりましたが、ビオトープ容器の水替え、水草の植え替えを行っていきます。まず最初はキンブナ、透明鱗フナがいる丸い容器を行います。


<目次>
1.容器の概要
2.水替え・植え替えの結果

1.容器の概要
【水生植物】ハンゲショウ、シロバナサクラタデ、アコルス・バリエゲイタス、ヨコシマフトイ、ドワーフフロッグビット

【水棲生物】キンブナ、透明鱗フナ、スジシマドジョウ、シマドジョウ、ヒメタニシ、ミナミヌマエビ、チェリーレッドシュリンプ


スポンサー広告



ビオトープ一式揃えたいなら!



シロバナサクラタデが繁茂して全面を覆っています。
IMG_6178

他にもハンゲショウ、アコルス・バリエゲイタス、ヨコシマフトイも生えておりますが、シロバナサクラタデが駆逐しているような感じです。
IMG_6179

シロバナサクラタデの根が水面を覆っており、ドワーフフロッグビットが、シロバナサクラタデ根の上にある感じです。
IMG_6183

スポンサー広告



まずは水面に見えるヒメタニシを掬い出していきます。小ぶりですが次々に出てきます。
IMG_6184

水生植物の植え替えます。アコルス・バリエゲイタスはあまり育つスピードが遅いので、これから抜いてみようと思います。鉢植えで植わっていますので、鉢植え毎抜こうとしましたが、根がくっついているのか、なかなか抜けません。
IMG_6187

うわぁー。何と!植物の根が絡まっていたらしくゴッソリと全部抜けてしまいました。
IMG_6188

スポンサー広告



ヨコシマフトイです。新しい芽があちこちから出てきています。
IMG_6189

シロバナサクラタデです。新しい株はできています。
IMG_6194

シロバナサクラタデです。全面を覆っていた部分はそのまま捨ててしまいます。
IMG_6192

スポンサー広告



ハンゲショウです。ハンゲショウが4種類の中で一番弱いので心配でしたが、新しい芽がしっかりと育っていました。
IMG_6195

キンブナを発見しました。この環境でよく越冬して生き伸びていたと思います。素晴らしい生命力です。
IMG_6196

透明鱗フナも発見しました。こらも元気に越冬してくれておりました。キンブナも透明鱗フナも体はふっくらして元気そうです。
IMG_6198

スポンサー広告



低床の用土に隠れていたシマドジョウを発見しました。偶然にもミナミヌマエビも一緒に発見しました。しかしながら、ミナミヌマエビの生き残りは、この1匹だけでした。
IMG_6199

容器の底がようやく見えてきました。ヘドロが溜まっています。
IMG_6200

1年の汚れの溜まった容器を洗っていきます。容器全体をゴシゴシと洗って綺麗にはしません。特にコケはヒメタニシのエサになりますので、洗い落としてしまうと、いきなり餓死してしまかねませんので残して、そのまま底に溜まったヘドロを洗い流す感じに留めておきます。
IMG_6201

スポンサー広告



流木を洗います。こちらはヘドロを取り除きます。
IMG_6203

最後に水生植物の植え替えを行います。毎年の光景ですが、この状態を見ると一瞬固まってしまいます。
IMG_6204

植木鉢から引っこ抜くのですが、なかなか抜けません。ようやく抜けたのですが、1年間で植木鉢の中は根だらけになっておりました。
IMG_6205

スポンサー広告



昨年1年間で株が増えておりますが、植えるのは1株だけで後は捨ててしまいます。これでも来年春には現在の状態になってしまいます。植物の生命力は素晴らしいです。
IMG_6206

容器の底がくぼんでいるので、荒木田土を入れて、その上に赤玉土で覆って底を平らにします。ここにドジョウが潜って冬眠したりする場所にもなります。
IMG_6209

その上に植え替えた水生植物を置きます。この真ん中にフナたちは集まります。水生植物が繁茂して根を伸ばしてきても、ここにはあまり根がきません。そして洗った流木を周りに置いていきます。
IMG_6210

スポンサー広告



飼育水を入れて、生き物たちを戻して終了です。
IMG_6211

2.水替え・植え替えの結果
【水生植物】水生植物は枯れずに全て元気に新しい芽が生えておりました。

・ハンゲショウ ・・・生存
・シロバナサクラタデ ・・・生存
・アコルス・バリエゲイタス ・・・生存
・ヨコシマフトイ ・・・生存
・ドワーフフロッグビット ・・・生存

【水棲生物】キンブナ、透明鱗フナは全て生きておりました。スジシマドジョウは死んでしまいましたが、シマドジョウは生きていてくれました。エビが育たない環境のようで生き残りはミナミヌマエビ1匹という結果でした。ヒメタニシは元気に数を増やしてくれておりました。

・キンブナ ・・・6匹
・透明鱗フナ ・・・2匹
・スジシマドジョウ ・・・全滅
・シマドジョウ ・・・2匹
・ヒメタニシ ・・・多数(途中で数えるのをやめました)
・ミナミヌマエビ ・・・1匹
・チェリーレッドシュリンプ ・・・全滅





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。