午前中に江戸川を散策しました。今日は晴れていいお天気ですが、寒気が降りてきているからか、空気はとても冷たい感じです。風がないのが救いでして、太陽が暖かく感じます。我が家は海に近く、河口付近から海が見えます。ちょうど干潮時でしたので、川に下りて見ました。水鳥が水面や干潮で出てきた砂の上にくつろいでいるのが見えました。

一面には、カニやハゼ、貝などもぐっている穴が無数に空いておりました。春以降のシーズンですと、ハゼやカニが見れるのですが、春一歩手前であるので何もおりません。掘り返すとホンビノス貝やアサリ、オキシジミが採れるそうです。シーズンには貝を採りに来る人で賑わいを見せます。江戸川を見ても魚影も見れません。しかしながら、水鳥がおりますので、水鳥は何を食べているのでしょうか。気になります。

干潮の川の中を歩くといろいろな発見があります。あまり干潮を狙って歩くことはしませんが、家族と一緒でしたので今回はあえて干潮時に散策してみました。

スポンサー広告



チュウシャクシギです。何かを探しています。
IMG_1888

オオバンです。番(つが)いでいるようです。
IMG_1889

スポンサー広告



ノンビリと休んでおります。
IMG_1904

江戸川河口です。海に近いので潮の香がすることがあります。
IMG_1907

スポンサー広告



オキシジミです。所々にあります。生きています。
IMG_1908

水鳥たちが休んでいます。
IMG_1916



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。