以前にも書きましたが、我が家の熱帯魚水槽は色々な熱帯魚に目移りしてしまい、その度に迎い入れておりましたので、やや過密飼育ぎみとなっております。それにエサもあげていますと、水の富栄養化が発生してコケだらけになります。水槽のガラス面がコケで覆われて見えなくなってしまいました。

最初は我が家に「コケとり」目的にタニシを迎い入れましたが、思った程、仕事をしてくれませんでした。人工的な解決を望んでいない私は、何とか生物兵器?を投入しての解決をしたい為、探しているとカノコ貝を発見いたしました。最強の「コケとり」兵器であることを知った私はすぐに我が家に迎い入れたのです。

この最強の「コケとり」兵器の威力は抜群で、コケで覆われていた水槽のガラス面はあっという間に綺麗になりました。それ以降も威力を発揮し続けて、本日にいたるわけです。子孫が増えないのが難点と言えば難点ですが、長生きしますし、頭数管理もできるので、これはこれでいいかなと思っています。

スポンサー広告



ビオトープ一式揃えたいなら!



水槽のガラス面を掃除してくれているカノコ貝です。
IMG_6123

カノコ貝のおかげで、綺麗なガラス面を保っておりますので、毎日、熱帯魚たちを見て楽しむことができます。
IMG_6124



※最後
にご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。