アベニーパファー4匹を12月16日に我が家に迎い入れました。4匹ですので30cm水槽で広さは十分ですし、40cm水槽に引っ越しましたが、もともと熱帯魚たち入っていた水槽、ろ過機やヒーター、水草や流木など環境は整っていますので環境については問題ないと思っておりましたが、当初2つの懸念がありました。

1つ目の懸念は、エサです。本来は生餌が好きとのことで、人工飼料も食べますが慣れるまで時間がかかるとの事でした。長きにわたり家にいてもらうのに、保存などの観点から最初から人工飼料でと考えておりましたので、うまくいくかが1つの分かれ目でした。これはアベニーパファーに一番最初にエサを与えるタイミングを少し後ろにずらして、空腹にさせてから与える作戦にしました。

また、エサの与え方も重要らしく、アベニーパファーは一旦、底についたエサを食べないという話をききました。しかしながら、アベニーパファーの人工飼料として、オススメされているエサ(実際に購入)は沈下性なのです。沈下性なので、どこかに引っかかれば食べてくれると思いました。30cm水槽には水草、特に一番いいのはモス付き流木の上に落とすのがよいと思いました。落としやすいのと、モス付き流木周辺をテリトリーにしているようでしたので、ここが一番いいポイントだと思いました。

我が家に迎い入れてから2日後でしょうか。最初のエサを与えることにしました。エサをモス付き流木の上に落ちるように与えます。パラパラと落ちていき、モスの上にうまくのりました。アベニーパファーはモスの上にあるエサをすぐに食べ始めました。よかった。成功です。その後も人工飼料を与えるとすぐに食べてくれます。しかしながら、やはり底に落ちたエサは食べないようです。そこにエサはコリドラスを入れないと綺麗になりません。当初は迎い入れる予定はありませんでしたが、お掃除役として3匹を迎い入れました。また、30cm水槽は水が富栄養化してしまいやすいので、お掃除役としてヤマトヌマエビ5匹とカノコ貝3匹を迎い入れました。

スポンサー広告



もう1つの懸念は、その性格です。見た目が愛らしく泳ぐ姿がユーモラスなアベニーパファーですが、見た目とは裏腹に、凶暴な性格らしく、混泳している他の魚の襲ったり、貝類を好んで食します。この為、単独で飼育しないといけない熱帯魚なのです。お掃除役として、迎い入れた、ヤマトヌマエビ、カノコ貝、コリドラスですが、コリドラスが2匹死んでしまい1匹になりました。ヤマトヌマエビもカノコ貝も頭数が少なかった為、アベニーパファーの標的になりやすかったと思いますが、普段は水草や用土に潜ったりと隠れることが多くなってしまい、コケが生えてきてしまいました。

そこで援軍ということでヤマトヌマエビ10匹、石巻貝11匹、コリドラス3匹を新たに迎い入れて『標的そらす作戦』を決行しました。これは上手くいきましたが、やはりアベニーパファーの凶暴さにより、コリドラスは襲われることは少なくなったものの、アベニーパファーが近づくと素早く逃げてしまいます。カノコ貝は夜に活動することが多いです。夜はアベニーパファーは底に着陸?して動かなくなるからです。石巻貝ですが、カノコ貝より小さいので、アベニーパファーに襲われることが多くひっくり返されていることがあります。ただカノコ貝も石巻貝もガラス面を掃除してくれる姿をみることが多くなりました。ヤマトヌマエビは個体差があり、臆病なものは日中はミクロソリウムの上の方に隠れており、夜になると活動する模様です。アベニーパファーを恐れないものは、日中でも、アベニーパファーのテリトリーであるモス付き流木に登って、コケをひたすら食べております。

スポンサー広告



カメラを構えると逃げてなかなか撮らせてくれないアベニーパファー。動きはユーモラスで見た目には愛らしいが、標的には一直線に急加速させて向かっていきます。
IMG_4231

コリドラス。アベニーパファーがきて、襲ってきそうな場合は瞬時に察して逃げます。襲われないなぁという時は逃げません(この違いはわかりません)。
IMG_4214

ヒーターの上で休んでいるものもいます。40cm水槽では見られない光景です。
IMG_4217

スポンサー広告



カノコ貝は昼間は用土に潜って、夜になると活動し始めます。
IMG_4237

臆病なヤマトヌマエビは昼間はミクロソリウムの上のほうにいます。夜になると降りて活動しています。写真は3匹ですが、葉の裏側に沢山おります。
IMG_4216

アベニーパファーを恐れないヤマトヌマエビは、アベニーパファーを気にせずに、テリトリーであるモス付き流木に登って、コケをひたすら食べております。
IMG_4242


石巻貝は裏返しにされてしまいます。アベニーパファーは貝も食べるのでエサになってしまうかもしれません。ちょっと小さすぎたかもしれません。
IMG_4215



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。