※モバイルデバイス対応済
※リッチリンク不具合回避対応済

コリドラス・アエネウスが寄生虫でピロピロ寄生虫と云われる糸状の寄生虫に感染しました。正体はダクチロギルス・ギロダクチルスです。ピロピロ寄生虫が体表に寄生すると、コリドラスは痒がり体を底床やアクセサリーに擦ります。また異常遊泳も見られます。

何の病気でも同じですが、特に寄生虫に感染や病気を発症した場合は、水槽を完全リセットするのが基本となります。

特に寄生虫の場合は、水槽をリセットすると同時にろ過機、ヒーター、流木や敷石などのレイアウト用品、そして水槽内も約50℃の熱湯殺菌や殺虫が有効です(60℃以上のお湯を使用すると、特に水槽のシリコンコーキングが収縮して水漏れの要因となりますので注意してください)。

寄生虫の殺虫処理後は水槽も完全リセットしませんと完全な殺虫処理を行わなかった場合は「卵」や「シスト(生物体が堅固な膜をつくり一時的に休眠状態となったもの)」は薬浴では殺虫出来ませんので再度寄生虫が湧いてしまいます。

水槽をリセットをしてしまうと折角のバクテリアを全て破棄してしまうのが勿体無いと言うような人達が居るようですが水槽をリセットしないことには同じ病気の再発率や寄生虫の感染などが高くなります。新しい水から再度リスタートしても管理方法とろ過器にもよりますが大体10日で元通りのバクテリア繁殖率に戻せます。

今回は2個目の30cm水槽のリセットになります。


スポンサー広告



今回リセットします30cm水槽です。アベニーパファー、エンドラーズグッピーなどがおります。
IMG_6746

45cm水槽から移動させましたエンドラーズグッピー
IMG_6747

スポンサー広告



ミクロソリウムです。光量が少なくていい水草を植えておりますが、ミクロソリウムは45cm水槽でも30cm水槽でも一番元気に育っています。
IMG_6748

水草をとったところです。ソイルからゴミが舞って見えないですね。
IMG_6750

スポンサー広告



タイガープレコです。ひさしぶりに姿を現しました。元気そうですね。
IMG_6751

変な粒のようなものが流木についておりました。
IMG_6756

スポンサー広告



コリドラスにソイルとの相性が悪く、病気に罹りやすく、寄生虫にも感染し易くなりますので、今回ソイルはやめて、田砂を使用することにしました。
IMG_6741

水草や流木をセットしました。
IMG_6757

スポンサー広告



魚たちを戻してあげて完了です。
IMG_6774

元気そうに泳いでいるエンドラーズグッピーのメスたちです。
IMG_6775





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。