1週間前の5月26日にコリドラス・アエネウスがダクチロギルス症、ギロダクチルス症に罹ってしまい、尾びれ付近が白くなってしまいました。そこでコリドラス・アエネウスを隔離して、駆虫薬であるリフィッシュを使用しました。

薬の使用量を見ると、かなりの90cmレベルの大きさの水槽でもスプーンで1/2杯であり、本来ならば薬が強く魚害が高いので規定量を使用して治療しますが、今回小さい30cmのプラケースなので、さらに量を少なくしました。それでも薬が強そうですので心配でしたが、何とか元気でいてくれました。

1週間経ったので、半分の水替えとリフィッシュを追加投入したのですが、投入量を誤ったようです。投薬後5時間後に様子を見に行きますと4匹全て死んでいる状態を発見しました。

大事なコリドラス・アエネウスを全て死なせてしまいました。本当に死なせて申し訳ないです。薬物治療の難しさを痛感した出来事でした。

スポンサー広告



1週間前に寄生虫に侵されたコリドラス・アエネウスです。この後に隔離容器に入れてリフィッシュを投入したのです。
IMG_6485

駆除剤のリフィッシュです。強烈な薬です。
IMG_6766

スポンサー広告



2回目の投与前には元気でいてくれました。寄生虫に侵された背びれ部分が元に戻って治っている感じがします。
IMG_6803

こちらのコリドラス・アエネウスは背びれに加えて頭まで白くなっているので、水替えとリフィッシュの再投入を決めました。
IMG_6806

スポンサー広告



飼育水を半分まで減らして、再度飼育水を入れなおした後にリフィッシュを投入しました。
IMG_6807

りフィッシュ投入後の5時間後に見た状態です。コリドラス・アエネウス4匹は全て亡くなっておりました。
IMG_6832

スポンサー広告



生きていると思われたこちらのコリドラス・アエネウスも死んでしまっています。体が硬直しており、そのままの姿で死んでしまっておりました。
IMG_6834





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。