アメリカカブトエビがいなくなりましたので、少し遅くなりましたが、イネの中ぼしを行いました。中ぼしは2~5日間は表面がわずかにひび割れるくらいまで乾燥させます。こうすることで、酸素を土の中まで行き渡らせ、イネの根は水を求めて深く伸びていき丈夫になります。今年は長い梅雨の影響か、あんまり草丈が大きくないように見受けられます。いきなりの猛暑ですが、ここから挽回して草丈を大きくして、沢山の穂をつけてくれればと思います。


スポンサー広告



中ぼし5日目のイネです。
IMG_0098

土はカチカチになっており、ひびも少し入っております。
IMG_0099

スポンサー広告



これ以上するとイネが枯れてしまいますので、水を入れました。
IMG_0100



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。