※モバイルデバイス対応済

コロナウィルスに対して政府が非常事態宣言を発令しました。いろいろ言われておりますが、この宣言によってコロナウィルスの蔓延に対して、少しでも抗力を発揮することを願います。

我が家の30cm水槽でアベニーパファーを飼っております。このアベニーパファーは赤虫が好物であり、人工餌を食べません。

赤虫は冷凍赤虫を購入することになりますが、保管方法はもちろん冷凍となりますし、与えるのにカットしたりと大変かと思います。苦労のわりに食べない場合もあり、下手をすると餓死ということにもなりかねません。

しかしながら、唯一の例外といいますか、これしか食べないという人工餌があります。

それが、『ジュン (JUN) クリルグラニュール』なのです。このエサをアベニーパファーに与えますと、100%食べてくれます。赤虫では好き嫌い?により、食べてくれなかったアベニパファーも、クリルグラニュールは食べてくれるのです。

このクリルグラニュールの凄いところですが、他の熱帯魚も好んで食べるというところなのです。低層で暮らしているコリドラスやオトシンクルス、中層のネオンテトラやグラミー、上層のハチェットやペンシル・フィッシュ(クリルグラニュールは沈下性のエサであり、完全にエサが底に沈んでしまうと食べません)など、ありとあらゆる熱帯魚が食べてくれます。

それというもの最初に与えますと、しばらく水面に浮いていますが、そのうちに沈んでいくエサだからです。

そして、このクリルグラニュールがあると他のエサがいらなくなるほどなのです。とても万能なエサなのですが、難点が水が汚れやすく富栄養化し易くなること、お値段が高いことです。エサの量も40グラムと13グラムのものしかありませんので、あっと言う間になくなってしまいます。

スポンサー広告



こちらがクリルグラニュールです。
IMG_2463


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JUN クリルグラニュールパッファ 13g
価格:850円(税込、送料別) (2020/4/26時点)



プルトップ式の缶です。
IMG_2465

缶に中にはエサとスプーンが入っていまして、スプーンで掬ってエサを与えます。
IMG_2466

スポンサー広告



エサをスプーンで与えますと、最初は浮いておりますが、そのうちに沈みます。浮いている時は上層と中層の魚が食べます。底に沈むと中層と下層の魚が食べます。
IMG_2461



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。