アメリカカブトエビが5月9日に孵化したのを確認してから、1ヶ月が経とうとしています。カブトエビの寿命は1ヶ月、長くて2ヶ月ですので、もうそろそろ生命期間をまっとうするような時期になりました。

今のところ、アメリカカブトエビは元気ですが、毎年突然天に召されてしまいますので、このところは毎日、元気であるかを確認しています。

5月24日に芽出ししたイネを植えましたが、用土に根が定着して元気に育ち始めました。アメリカカブトエビが天に召されますと、いよいよ梅雨の始まりになります。あっという間の6ヶ月でした。コロナウィルスは未だにワクチンもありませんので、うまく付き合いながら暮らしていかなくてはなりません。

休日も出かけられず、3蜜(密閉・密集・密接)にならないように意識して暮らさないといけませんが、ベランダでメダカやアメリカカブトエビを飼育するのは、こんな時にはうってつけの趣味ですし、外出できないことによるストレスにならないです。

不要不急の外出は避けていますが、全く外出しないわけではありません。早く終息するといいのですが、それまではベランダで楽しむことにします。

スポンサー広告



芽出ししたイネを植えましたが大分伸びてきました。
IMG_3122

アメリカカブトエビが泳いでいます。
IMG_3120

スポンサー広告



元気に動き回っているので、なかなかいい写真がとれません。
IMG_3126

2匹揃ったところで写真が撮れました。1匹は元気に泳ぎ廻っていますが、もう1匹は1ヶ所に留まっていることが多いです。
IMG_3127



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。