アメリカカブトエビが5月9日に孵化したのを確認してから、1ヶ月半がが経とうとしています。カブトエビの寿命は1ヶ月、長くて2ヶ月ですので、いよいよ生命期間をまっとうするような時期になりました。

今のところ、アメリカカブトエビは元気ですが、毎年突然天に召されてしまいますので、このところは毎日、元気であるかを確認しています。

5月24日に芽出ししたイネを植えましたが、1ヶ月経ちまして用土に根が定着して元気に育っています。

そして、梅雨が始まっていますがアメリカカブトエビは1匹は天に召されて未だに元気です。本来ならば、毎年、アメリカカブトエビが天に召されますと梅雨の始まりになるのですが、今年は違い、流石に梅雨明けまでは難しいと思いますが、かなり長生きしてくれそうで、うれしいです。

スポンサー広告



イネもさらに大きくなりました。
IMG_3265

生き残りのアメリカカブトエビです。用土を掘り掘りしています。
IMG_3262



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。