※モバイルデバイス対応済

熱帯魚水槽のカノコ貝が水面より上に登っておりました。貝が水面近くや上に登って留まっている場合は以下の理由や可能性があります。


◆カノコ貝が水面より上に登る理由

1.水質悪化の兆候
  とても毒性が高く、エサの食べ残し、魚の排泄物、水草の枯れ葉や生物の死骸などが微生物によって分解されてアンモニアが発生しますが、このアンモニア濃度が高い為に水面より上に登っているのかもしれません。

2.餌が少ないの可能性
  水槽のガラスの水面付近はコケや汚れ(エサの残り)付きやすいので餌として食べているのかもしれません。

3.弱酸性の水になっている(2と重複)
  貝がが好むのは硬度が高めの弱アルカリ性の水です。水替えしてサンゴなどをいれて、やや硬度を高くしましょう。ただし、硬度を高くすると一緒に飼っている魚が硬度が高い水を嫌う種類ですと魚が病気になる可能性があります。


スポンサー広告



カノコ貝が水面より上に登って固まっています。
IMG_1185

スポンサー広告



ヤマトヌマエビが死んでおります。やはり水質悪化の可能性が高いです。
IMG_1186



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。