カブトムシとオオクワガタのゼリーのエサ皿を毎日交換するのだが、両者の食べっぷりが見事に違う。

カブトムシは11匹で最初3つのゼリーを置いていたが足りないようで、4つ、5つ、6つと最終的に7つのゼリーを置いていたが、今は5つのゼリーを置いている。

オオクワガタは12匹で7匹と5匹の2つのケースに入れている。ゼリーは2つずつ置いているが4,5日でようやくゼリーがなくなるペースである。ゼリーが腐ってくるので、ある程度したらカブトムシに食べさすことにしている。

スポンサー広告



オオクワガタのエサ皿にいる。
IMG_3116

ケースの蓋を開けて覗くと地中に潜っていってしまう。
IMG_3117

地中に潜っていくオオクワガタ。
IMG_3118

カブトムシたち。ケースを開けて覗いても地中には逃げようとしない。逆に隙をついて空に羽ばたこうとするので要注意。
IMG_3119

メスに交尾しようとするオス。
IMG_3120

ゼリーをひっくり返してしまい、何とか元に戻そうとするメス。
IMG_3121



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。