9月8日にカブトムシの幼虫を掘り出しました。22匹と大量の幼虫が孵化しており、いつもの年(大体10匹ぐらい)に比べるとやや多い感じでした。あまり繁殖にこだわっておりませんので、実は22匹でも一般的(環境がよければ1匹のメスで100個は産みます)には少ない方ですが、我が家にとっては多い感じではあります。

通常の年では10匹前後ですので秋に1回マットに入れてしまうと、12月までマットを入れ替えないのですが、今回はもうすでにプラケースの表面が糞だらけになっておりましたので、9月29日に入れ替えましたが、再びプラケースの表面が糞だらけになりましたので、再度マット替えをすることにしました。


スポンサー広告



全開9月29日にマット替えして1ヶ月経過したプラケースです。随分、マットの量が減った感じがします。表面も乾いておりますね。
IMG_1014

プラケースの表面にカブトムシの幼虫の糞があります。
IMG_1015

スポンサー広告



マットを掘っていきますと、早速カブトムシの幼虫が出てきました。
IMG_1021

やはり、このプラケースに22匹もカブトムシの幼虫が棲んでいますので、ちょっと小ぶりな感じがします。
IMG_1022

スポンサー広告



カブトムシの幼虫が3匹と、他にもゴロゴロと出てきます。
IMG_1024

カブトムシの幼虫たちです。全体的に小ぶりですが元気です。
IMG_1025

スポンサー広告



新しいカブトムシのマットです。プラケースにマットを全部使い切ります。
IMG_1026

プラケース満杯にマットを入れました。
IMG_1027

スポンサー広告



新しいマットにカブトムシの幼虫たちを入れてマット交換は終了す。1ヶ月後の12月にもう一度マット交換する必要があります。これで冬越しとなります。
IMG_1030



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。