サラダビーツの芽が出ました。サラダビーツは涼しい気候で育てるのを推奨されておりまして、春と秋にタネを播いて栽培します。かたい殻のタネの中に2~3粒の小さなタネが入っているので2cm間隔でタネを播いて、芽が沢山でてきたら間引きながら育てます。春から秋にかけて、トマトやナスなどを育てて、冬はプリムラジュリアンを植えるのが、ここ数年の恒例になっておりましたが、ちょっと趣向を変えてみました。ただ、遅めにタネを播いてしまいましたので、うまくいくかが微妙です。うまくいかなかったら、プリムラジュリアンを植えてみようと思います。

スポンサー広告



プランターに植えているサラダビーツです。
IMG_1071

一つの場所に芽が3つほどでております。そのうち間引かないといけません。
IMG_1073



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。