春になり暖かくなってきたので、正反対に冬の寒さに強いプリムラジュリアンが徐々に調子悪くなってきました。花の咲くスピードが遅くなってきましたし、蕾が少なくなってきました。冬の間は次から次へと蕾がでてきては咲いておりました。花も、特に赤いはなが元気がありません。本来は多年草なのですが、日本の蒸し暑い気候には耐えきれずに枯れてしまいます。

さて、プリムラジュリアンの中によく見ると、トマトが育っています。昨年の秋ごろに芽がでて、冬は枯れてしまうと思っていたのですが、冬を越してしまいました。ただ、昨年も同じようなことがありまして、春を越えたと思ったのですが、春の寒暖差に耐えられずに枯れてしまいました。今年はどうでしょうか。春を越えれば、一年通して..となりますが、しばらくは様子見ですね。

スポンサー広告



ビオトープ一式揃えたいなら!



プリムラジュリアンです。赤色の花は元気がなくなってしまいました。
IMG_6013

昨年のミニトマトを育てていましたが、実が落ちて、そこから芽が出たものです。
IMG_6014



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。