暑い暑い!毎回書いてます。もうすぐ9月も終わろうとしておりますが、日中の入道雲なんかを見るとお盆頃と大差ない感じもします。

夕方になりますと少しだけ涼しい風が吹きますので少しずつ夏が終わろうとしているかなとも思いますが、夜メダカの見廻りに外を出ますと「蒸し暑いこと!蒸し暑いこと!」。

一瞬だけでも夏が終わりに近づいているなんて言葉が吹き飛んでしまいます。

夜の見廻りでドジョウのいる容器ですが、様子を伺うと「バシャ!バシャ!」と音がしまして、驚かしてしまったかな?と思ったのですが、続いて水を跳ねる音が再びしましたので、照らしてみますと、ドジョウが水面でひっくり返っておりました。

よく見てみてみますとかなりお腹が膨れておりました。

スポンサー広告



◆腹水病
・腹水病とは
 内臓疾患によってお腹に水が溜まってしまう病気で致死率が高い。早期発見、早期治療が重要となる。
・症状
 ー活性が落ち、食欲がなくなる
 ー腹部が膨張
 ー白い糞が出る
 ーポップアイや白点病と併発することが多い
・原因
 -飼育環境の悪化でストレスによる免疫力の低下
   エサの与え過ぎなどの水質汚染や高水温、酸欠などの環境悪化
 -エロモラス、ハイドロフィラなどに病原菌に感染
   ストレスにより免疫力が低下と
水質悪化で菌に侵されやすくなる
 -エサの量が多い、エサが合わない、夏バテ
   消化不良で内蔵をいためる
・腹水病になりやすい魚
 ー雑食性の魚(メダカ、金魚、ドジョウ、グッピー、ネオンテトラ、コリドラス)
 -遺伝的に弱い(先天的に内臓が弱い)
・治療
 -塩水浴(0.3%~0.5%)
   浸透圧調整を助けて自然治癒させる
 -薬浴
   観パラD、グリーンFゴールド
   ニトロダゾールが腹水病の病原菌に効果

※ポップアイ:目の周囲が腫れあがったように膨らみ、次第に眼球も持ち上がって、出目金のように突出してしまう病気

スポンサー広告



腹水病になりましたのはアルビノドジョウです。やはりアルビノですので先天的に体が弱いのかもしれません。同様にいますヒドジョウは元気です。
IMG_3778

お腹が膨らんでまともに泳げません。裏っ返しになってしまいます。薬浴しています。
IMG_3785

スポンサー広告



お腹がかなり膨れています。治療法が難しいらしいです。薬浴させて祈るしかありません。
IMG_3787



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。