プリムラジュリアンです。原産地がヨーロッパですので、日本の冬の間(11月~4月)に咲く花です。冬の殺風景なベランダをプリムラジュリアンの花が彩ってくれます。花は萎んだら花ガラを摘んで、次の花が咲くように蕾が大きくなるようにしています。今は最初の開花ラッシュが終わって、次に開花ラッシュを待っている狭間となっています。


プリムラジュリアンを5種類植えています。
IMG_4406

次の蕾が育っています。
IMG_4407

こちらはの黄色は次々を絶え間なく花が咲いています。
IMG_4408

スポンサー広告



これしかなかったので元気のない苗を購入してしまいましたので、青は最初から元気ありません。育てていれば元気になるかと思いましたが、何だかこじんまりとしています。
IMG_4410

赤は開花ラッシュが終わって完全に狭間期です。
IMG_4411

ピンクも黄色を同様に次々を絶え間なく花が咲いています。
IMG_4412



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。