あっと言う間に3月になりました。最近は少しづつ暖かくなっているのを感じます。プリムラジュリアンは原産地がヨーロッパですので、日本の冬の間(11月~4月)に咲く花で、冬の殺風景なベランダをプリムラジュリアンの花が彩ってくれています。花は萎んだら花ガラを摘んで、次の花が咲くように蕾が大きくなるようにしています。気温が暖かくなってきますと、いよいよプリムラジュリアンのシーズンも終わりになります。


プリムラジュリアンを5種類植えています。現在の状態です。
IMG_5895


赤い花は途切れることなく蕾が育ち、花が咲いています。
IMG_5897


こちらはの黄色も次々を絶え間なく花が咲いています。
IMG_5899


スポンサー広告



青色の花は購入した最初から元気ありません。購入する時に、これしかなかった元気のない苗を購入しました。元気のない苗でも育てていれば、いずれ元気になるかと思ったのですが、枯らしてしまいました。
IMG_5896


ピンクも黄色を同様に次々を絶え間なく花が咲いています。
IMG_5898


紫色の花も次々を絶え間なく花が咲いています。
IMG_5900



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。