本日もうだるような暑さでした。最高気温35℃が連日続いています。長い長い梅雨で涼しい季節が長く続いた後に、いきなりの猛暑(最高気温35℃以上)ですので、体がついていきません。

朝出社するのに駅まで10分ちょっと歩くのですが、ホームに並ぶ頃には滝のような汗が流れています。

そんな中、我が家のミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、屋外の夏の広いプールに移動してスイスイと泳いでいます。

屋外で過ごしてもらうのは犬用のプール(Φ(ファイ:直径)800mm×高さ300mm)でして形は丸く深いので、普段は水中で暮らす水棲カメであるミシシッピニオイガメには最適です。前年まではベビーバス(縦340mm×横660mm×高さ240mm)を使用していたのですが手狭になりましたので今年から使用しています。

ろ過機から出る水流が割と強いので、それが流れるプールを作り出して水流を使用して外側を泳いでいます。まるで人間の子供が流れるプールで泳いで遊んでいるかのようです。

我が家にきて3年ちょっとになる『ミッピーちゃん』ですが、当初は試行錯誤でして、いろいろな本を読んだり、プログを読んだりして、何とか「お世話」しておりました。

その間、少しずつ飼育の経験値を上げていくのですが、飼育し始めた当初に考えていた方法とは違うのではないか?と思うことがあります。

その代表格は「バスキング」です。

スポンサー広告



◆バスキングとは?
「バスキング」とは、一言でいえば日光を浴びることです。

では何故日光を浴びるのでしょうか?

理由は2つあります。

◆日光を浴びる理由
 1つ目は体温を上げるためです。体温を上げると活動しやすくなったり、餌を食べた後の消化促進にもつながります。爬虫類の体温は下がりやすいので、日になんどか日光浴を行う習性があります。

 2つ目は日光からでる紫外線を浴びることで、骨の形成に重要なカルシウムの吸収を助けるビタミンD3を体内で作るためです。紫外線が不足するとカルシウムの吸収量が減って骨が弱くなったり、カメは甲羅の形が変形したりします。

スポンサー広告



◆振り返ると
飼育開始当初は、水棲傾向の強い種であるとか、不要な種ということで「バスキング」させるという考え方は持っておりませんでした。

それでも別に3年間は問題ありませんでしたし、元気がなくなることもなく、病気になることもありませんでした。

しかしながら、今思うと「実はバスキングしたいのではないか?」と思わせる行動などがあり、先入観から見逃していたのではないかと思うのです。

◆今から思えば..。
 ・ホームセンターで販売されている
  ベビーがよく流木や岩に登って
  休んでいるのを見かける。
 ・『ミッピーちゃん』が子供の頃に
  浮島に登って休んでいるのを
  見かけたことがある。
IMG_3680

・『ミッピーちゃん』が大人になっても
 浮島にしがみついているのを
 見かけたことがある。
IMG_6519


◆他にも..。
・水中でも日光のあたる場所で
 ヒーターやろ過機につかまって
 休んでいるのをよく見かける。
・テレビで原産地のミシシッピ川流域が
 放送されていましたが、川幅が大きく
 流れは緩やかな川でニオイガメが流木の
 上で休んでいるシーンを見た。

スポンサー広告



◆テレビで見た映像と我が家の屋内水槽
テレビで見たのですが、生まれ故郷である「ミシシッピ川流域」での映像で、流木の上にいるニオイガメ(ミシシッピニオイガメではありませんでした)が、日光を浴びている様子が映し出されておりました。

そのカメは人が近づくと「サッ」と水中に逃げ込んでしまいました。

水中には、アリゲーターガーやハクレンなどの大型魚、ミシシッピワニなどの爬虫類などの天敵が多いので、流木が安全地帯になっており、さらにバスキングも行っていたのかもしれません。

生まれ故郷の「ミシシッピ川流域」では、水中から浅瀬に移動して流木にのって休んで「バスキング」しているので、そのような環境を作ってあげれば「バスキング」するのではないかなと思ったのです。

ただし、繰り返しになりますが先入観ありきで、そもそも浮島や陸場をしっかり設置しようとは思っていませんでしたし、申し訳程度の小さな浮島を浮かべているだけでして、『ミッピーちゃん』は「バスキング」したくても場所がなくて「バスキング」できなかったのではないかと思ったのです。

屋内で暮らしているのは60cm水槽と、ミシシッピニオイガメにとって大きいとは言えない広さです。その中で陸島を用意しますと、逆に泳ぐスペースを奪ってしまいますので、どちらをとるかと言いますと、水棲傾向ということで、あえて陸場を設置しませんでした。

ただし、陸場や浮島(我が家は沈みかけている浮島があります)を設置しなかった結果、それはそれで慣れたのか、「バスキング」しなくても病気もせずに元気に暮らしております。

屋内の60cm水槽です。秋から翌年梅雨ぐらいまで過ごしてもらっています。
IMG_0721

スポンサー広告



◆バスキングが好きかの判定
どうすれば「バスキング」が好きな個体かが判別できるかですが、幼少期から陸場や浮島を設置しておいて行動を観察して、実際には陸場や浮島などを好まない個体もおりますので、親ガメになるまで様子を見てから、陸場や浮島を設置し続けて「バスキング」させるか決定したら、ミシシッピニオイガメにとっても良い選択になるのではと思います。

我が家の水槽は窓際にあり、昼間は日光が当たりますので、よく水中で日光にあたるように外の景色を見てマッタリしている姿を見かけますが、それは「バスキング」をしないことによる日光不足をうまく補っているのかもしれません。

もし「バスキング」が好きな個体であれば、屋内であればバスキングライトの購入も必要となってきますが、屋外であれば日光を数時間当ててあげればいいのかなとも思います。

「バスキング」の効果としては、甲羅と皮膚の乾燥は、甲羅と皮膚の脱皮にも効果があり、身体を乾燥させて殺菌させる役割もあるので水カビ病などの病気を防止してくれます。

「バスキング」がしっかりできていないと、身体や甲羅の乾燥と殺菌が十分にできず、甲羅にぬめりが出たりと不衛生な状態になります。この様な状態が続くと水カビ病を発症してしまいます。

スポンサー広告



◆屋外プールで「バスキング」するのかを確認してみる
我が家では秋から翌年梅雨まで屋内水槽で過ごしてもらい、夏場は屋外のプールで過ごしてもらうことにしています。

前年まではベビーバスを使用しておりましたが手狭になりましたので、犬用のプールを使用しております。とても広くなりましたので「バスキング」するエリアも確保できますので、陸場を購入しました。

バスキング&シェルターです。陸場も広く上がりやすそうです。また陸場の下に隠れることもできます。

環境を用意すれば本当に「バスキング」するのか?見向きもしないのか?を確認してみました。

バスキング&シェルターを置いた犬用プールです。
IMG_3513

スポンサー広告



◆結果は「バスキング」しました。
結果なのですが、いきなり初日に「バスキング」しました。その後、しばらく様子を見るように陸場に登らなくなったのですが、1週間ほどして慣れてきますと、次々に登るようになりました。

バスキングしましたが、このような体勢は最初だけで現在はバスキング&シェルターの上で完全に寝ています。
IMG_3519

スポンサー広告



◆現在は海辺で日光浴みたいな感じ
現在では人間が海辺で日光浴するかのようにバスキングしています。それも普通にバスキングするだけでなく、前の右足、後ろの左足を出していることもありますし、水に手(前足)を入れていることもあります。

日中も夜間?(夜間はいいませんが)もバスキングしております。日中の場合は直射日光の当らない薄日の差すような夕方にバスキングすることが多いです。また夜間でも陸場で寝ている姿を見かけます。

そして、日中でも夜間でも泳ぎたくなったら陸場から飛び込んで泳ぎに行きます。

バスキング&シェルターで右手と左足を出して寝ています。
IMG_3679

スポンサー広告



最初見た時は死んでしまったのかと焦りましたが、ただ寝ているだけでした。
IMG_3680

スポンサー広告



首をすぼめて右手だけ水に浸けています。気持ちいいのかなぁ?
IMG_3682

両手をつけて休んでいる『ミッピーちゃん』です。
IMG_3683

スポンサー広告



子供がプールの縁で手を浸けている感じですね。
IMG_3685

水を飲んでいるかのような感じに口だけ水に浸ける時があります。
IMG_3692

スポンサー広告



◆でも直射日光には当たらない
【2020.08.21】追加
日中バスキングするとしても直射日光には当たらない薄日の差すような夕方にすることが多いです。また、直射日光の場合、登り坂の部分、半分水が浸かるような場所でバスキングしています。決して直射日光下ではバスキングはしません。

それは幼少期からバスキングしていないからなのか、生体固有の性格のものなのかは判断がつきません。ただ、自分から積極的に登っておりますのでバスキングはしたかったのだと思います。

犬や猫のように声や仕草でわかりませんので、よくよくカメの行動をよく観察して、カメが住み心地のよい環境を手探りで用意してあげるのが人間の役目ですね。なかなか難しいです。


夜も陸場に登って休んでいます。
IMG_3646



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。