我が家のミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、夏の間に過ごしていた屋外の避暑地より、冬から春にかけて過ごす屋内の家である水槽に戻りました。家に戻ってから、フワフワと浮いているように泳いでおります。たまに、勢いよく泳いでいる姿も見かけます。それというのも、屋外の避暑地として使用していましたのはベビーバスでしたが、広さはあるものの、水深が深いとは言い難く、長い間泳ぐことがやや難しいのです。

夏の間は活性が上がるため、自然と食べる量も増えていきます。「くれくれダンス!」はしませんが、人が来ると、目を見つめて「食べ物ちょーだーい!」と寄ってきますので、多めに食べ物を与えてしまいました。体も心なしか一回り大きくなり、随分とふっくらとしてしまいました。水槽に戻ってからは、しょっちゅう泳いでおります。

そんな『ミッピーちゃん』ですが、なかなか見せてくれないお尻を見せてくれる場面がありました。後ろから見るとかなり「お肉」がついている模様です。冬から春の間に泳いで泳いで泳ぎまくって、すっきりとした体形に戻るかも?しれません。

スポンサー広告



『ミッピーちゃん』のおしりです。体がふっくらとしているのがわかります。
IMG_0892

足についている「お肉」が、ちょっと多いかもしれません。
IMG_0894

スポンサー広告



泳いだ後に休憩している『ミッピーちゃん』です。
IMG_0895

岩の上でノンビリと休んでいる『ミッピーちゃん』です。
IMG_0896



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。