◆はじめに
  ビオトープのシーズンは冬になりました。メダカやミナミヌマエビ、タニシや
  ドジョウなどの水棲生物や、スイレンやハス、マツモやアナカリスなどの
  水生植物など、やがてやってくる春に向けて長い長い眠りにつきます。
  しばらく、ビオトープの鑑賞やメンテナンスなどの楽しみはお預けとなりますが、
  この時期は、いろいろ振り返ったり、次シーズンに向けて構想を練ったりと
  楽しみはあります。今回は水生植物を振り返ってみます。

多年草とは...。
  2年以上生存を続ける草本植物のことを示して、冬になると地上部が枯死してしまう
  ものでも、地下部などが越冬すれば多年生の性質をもつ。

◆多年草のメリット・デメリット
  ・メリット
    -毎年買わなくてすむ
    -前年で栽培のノウハウを習得できているので楽に育てられる
    -タネからでないので新芽が枯れるリスクが少ない

  ・デメリット
    -総じて生命力が強いので、他の植物を駆逐する可能性がある

◆生育環境
 ・千葉県
 ・マンション5階南西のベランダ(屋外)
 ・日照時間は午後11時から日光が当たる
 ・海から1.4キロ程度
 ・強風かなり多い
 ・鉢植え栽培

スポンサー広告



<アサザ>

スイレンはミツガシワ科アサザ属の多年草です。日本全国の池・沼などの止水域に広く分布して自生しています。黄色い小さな花を咲かせます。池や水路の護岸工事や水質汚濁などにより、各地で個体群が消滅、縮小しています。緑色の浮葉を水面に浮べ、根を10cm程度下の底土に下ろして成長します。


黄色い花を咲かしているアサザ。
IMG_3063

アサザの下にいるチョウセンブナ。
IMG_3090

スポンサー広告



◆基本情報
【分類】浮揚性植物
【草丈】葉の大きさは5cm 程度
【分布地】日本、ユーラシア大陸
【開花期】5月~9月
【冬場】冬は地上部は枯れる
【繁殖】地下部でランナーを伸ばして芽を出す
【水管理】鉢植えの場合は鉢ごと水につけ、株元が必ず水につかるような水位で生育
     株元の水深が10cm~20cm程度になるように調整する
     水が汚れると株元に日光があたらない
     冷たい水は株が死んでしまいます
【日当たり】半日以上、直射日光があたるところに置く
      株元までに日光が届くようにしないと花が咲かない
【用土】水生生物の土、赤玉土、荒木田土、水生生物の土は特に生育が良い
【肥料】緩効性の化成肥料を土に埋める
【シーズン】3~11月
【鉢のサイズ】直径15cm(5号)以上


※注意事項
アサザは春から夏に掛けての葉がたくさん生えてきますが、水質が汚染、
富栄養化しずぎると花芽が出ずに花が咲かなくなります。
エサなどを与えすぎないようにした方がいいです。我が家はチョウセンブナを入れており、
エサを与えすぎた為に環境であり、2017年度は咲き、2018年度は咲きませんでした。

スポンサー広告



◆我が家の1年の飼育まとめ
 3月 地中から芽がでてくる。
    春の植え替え。地中は根がパンパンで土が盛り上がっている。
    鉢から取り出すのに一苦労。ドジョウが土に入り込んでたりするので注意しながら
    取り除きます。特に腐ってきている根の部分はカットします。
    新しい株が増えているので、1株ごとに分けてしまいます。
 4月 葉がどんどん増えてくる。
    肥料をあげる。
 6月 葉がどんどん増えてくるが、大きな葉がでてくる。
    間引き開始。株元に日光が当たるように維持すること。
 7月 花芽がでて花が咲く。間引きの間隔が短くなってくる。肥料をあげる。
 8月 花がたくさん咲く。お盆過ぎぐらいからは肥料をあげない。
 9月 花は咲かなくなる。葉に栄養がいき、たくさん出てくるので間引き。
10月 葉が少しずつでてこなくなる。
12月 地上部(茎や葉)が枯れてくる。地上部はカットします。地上部をカットしても
    翌年春には芽が出てきます。
12月

 2月 株元までに水に浸けた状態で管理します。

◆メダカやエビなどの水棲生物との相性など
  チョウセンブナが葉の下に隠れて休憩しています。また泡巣をつくり産卵も行います。
  また時々、葉の下で休んでいるところを見かけますし、マッチしていると思います。
  アサザの魅力はやはり何といっても花なのではないでしょうか。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。