ひとたびメダカを飼おうと決めたら、どんな種類を飼おうか悩むかと思います。メダカは品種改良が盛んに行われており、500種類以上のメダカがいると言われています。

品種改良された中には100万円もするメダカ(すごい!)もおり、高価な値段で取引されています。そんなメダカを飼う事は夢でもありますが、ここでは安価な入門種をオススメいたします。

最初は誰もが自分なりの飼育方法が確立しておりません。試行錯誤の中でメダカを死なせてしまうこともあるかと思います。

高価なメダカを飼って死なせてしまっては、自分のメンタルも落ち込みますし財布も痛みます。入門種の命を軽んじてるわけではありませんが、入門種は品種改良された中でも古い歴史がありますので、累代飼育によって、新たに誕生した品種改良のメダカより強いDNAのメダカになっています。

飼育方法が確立していない場合は、入門種を飼育することによって、長く元気に生きるコツをつかんで、高価なメダカにチャレンジした方がよいかと思います。


◆メダカの種類
黒メダカ:メダカと言えば黒メダカであり、
     入門中の入門種。
     日本各地に生息している原種に
     近い種(※1)。現在は絶滅危惧種。

IMG_3043


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)黒メダカ/黒めだか(6匹)
価格:600円(税込、送料別) (2020/5/28時点)





ヒメダカ:メダカと言えばヒメダカを思い
     浮かべると思います。
     日本メダカの突然変異種で
     黒色素胞(※2)がなく
     オレンジ色の体色。
     改良メダカのはじまりで江戸時代。
     ポピュラーな種で丈夫で
     飼いやすい。

IMG_3266


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)ヒメダカ/ひめだか(6匹)
価格:600円(税込、送料別) (2020/5/28時点)





白メダカ:日本メダカの突然変異種で
     黒色素胞(※2)がなく
     黄色素胞(※2)が弱く
     白い体色で目立つので人気種。

IMG_2716


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)白メダカ/白めだか(6匹)
価格:640円(税込、送料別) (2020/5/28時点)





青メダカ:黄色素胞(※2)がない青い体色。
     光の当たり具合で青白く光るので
     白メダカに似ている。

IMG_3059


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(めだか)青メダカ/青めだか(6匹)
価格:640円(税込、送料別) (2020/5/28時点)





楊貴妃メダカ:メダカブーム火付け役となった
       メダカ。緋色の体色。
       ヒメダカからの品種改良。
       金魚と見間違うほどの鮮やかな
       色で人気種。



ダルマメダカ:ダルマのように丸い体が特徴。
       飼育がやや難しい品種。



※1 原種メダカ(日本メダカ)
日本にいるメダカは二種類でキタノメダカ(生息分布:本州の日本海側 東北・北陸地方)とミナミメダカ(本州の太平洋側、中国地方、四国、九州、南西諸島)の2種類に分類されます。黒メダカは原種メダカと体色や形状などの見た目は同じですが改良品種です。

※2 メダカの色を決める色素細胞
黒色素胞、黄色素胞、白色素胞、虹色素胞の4つです。


◆色々なメダカを一緒に入れると
黒メダカやヒメダカ、白メダカ、青メダカを一緒に混泳させるとどうなるのか?ですが、黒メダカとヒメダカを交配しますと、原種に近い優性遺伝子(特徴が表れやすい遺伝子)を持つ黒メダカが多く生まれます。もちろん、ヒメダカも生まれます。ヒメダカと白メダカを交配しますと、ヒメダカも白メダカも生まれてきます。他にも原種に近い黒メダカが生まれてくることもあります。






※最後にご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。