台風19号が発生しました。台風19号の勢力は、甚大な被害をもたらした15号よりもさらに強く、関東を再び直撃する可能性もあります。我が家は海に近いので、強風の影響をまともに受けやすく、これまでも強風の影響でビオトープやガーデニングの植物たちは壊滅的に被害をこうむってきては復活を繰り返してきました。しかしながら、シーズンはもう終ろうとしておりますので、ここで被害を受けると、流石に植物たちの復活は厳しく、そのまま冬越しとなります。冬越しというのは、我が家のビオトープの植物ですが、すべて多年草ですので、寒い冬を越えて春を迎えて暖かくなると芽が生えてきて、シーズンに入っていくのです。我が家のビオトープの植物は抽水植物が多いので、風の影響をまともに受けることになりますので、これで今シーズンは見納めかもしれません。台風によって、茎が折れて、葉が散って、ベランダに散乱することになりますので、今から枯れかけた植物、枯れかけたと言ってもまだまだ元気ですが、予め茎からカットしてしまうか悩んでおります。できることなら、少しでも台風が逸れてくれるのを願うばかりです。

スポンサー広告



◆以下の記事は、台風や強風の被害に歴史です。






スポンサー広告







スポンサー広告







スポンサー広告







スポンサー広告







スポンサー広告







スポンサー広告







スポンサー広告









※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。