今年最強の台風19号が関東に接近しつつあります。9日(水)午後6時現在、小笠原近海にあって、時速15キロで北北西に進んでいます。台風の名称は「HAGIBIS(ハギビス)」という名でして、フィリピンが提案した名称で、「すばやい」という意味の言葉が由来だそうです。

こちらに来ないでくれ!と祈るような気持でしたが、こちらの気持ちは台風には届かず、着実に関東にせまってきております。大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見も出始めているそうです。

昨年9月4日に日本に上陸して、西日本を中心に被害をもたらした台風21号ですが、和歌山市では57.4m/sの最大瞬間風速を観測し、観測史上1位の値となったほか、大阪市で観測した47.4m/sの最大瞬間風速は半世紀ぶりの記録だそうですが、今回はこれを上回る最大瞬間風速75.0m/s程度(昨日は65.0m/s程度)が予想されているそうです。

大阪在住の方のベランダビオトープで、プラ船や睡蓮鉢なんて軽く飛ばされて、跡形もなく無くなっていたなんて情報もチラホラとありましたが、それよりも物凄い風速ですから、ニュースでは『ベランダに物を置いておくと、飛んできて窓ガラスが割れてしまうかもしれませんので、物は家の中に避難させておいてください。何もかも無くなってしまう可能性もあります。』という警告が出ております。

我が家でも、家の中に入れられる物は入れようと思いまして、鉢や小さなプラケースや飼育用具などは避難させようと思っておりましたが、これは大きい容器も水を抜いて移動させたほうがいいかもしれません。

また、我が家は抽水植物を多いので強風の影響をまともに受けますので、今回の台風ではひとたまりもないと想定されます。もしかしたら、台風は逸れて強風なんてないかも?なんて、昨日はまだ思っておりましたが、流石にもう無理だと思い、今年はシーズン終了として、早めの冬支度で前日に引き続き、抽水植物をカットすることにしました。


スポンサー広告



抽水植物代表のコガマ、ウキヤガラです。
IMG_0728

バッサリとカットいたしました。また来年の春ですね。
IMG_0735

スポンサー広告



セイタカアシです。ヒョロヒョロッとして、強風にひとたまりもありません。
IMG_0733

こちらもかなり短くカットいたしました。
IMG_0738

スポンサー広告



ハンゲショウ、シロバナサクラタデ、ヨコシマフトイです。いずれも強風には弱い種類の抽水植物です。
IMG_0732

短めにカットしました。ハンゲショウは低いのでそのままにしています。
IMG_0737

スポンサー広告



アサガオです。今シーズンも楽しませてくれました。
IMG_0726

アサガオの花がまだ咲いておりますが、今年はシーズン終了とします。
IMG_0727

スポンサー広告



アサガオはすべてをカットして用土も廃棄しました。
IMG_0740



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。