今年最強の台風19号が関東に接近しつつあります。11日(金)午後6時現在、八丈島の南南西約490キロにあって、時速25キロで北北西に進んでいます。台風の名称は「HAGIBIS(ハギビス)」という名でして、フィリピンが提案した名称で、「すばやい」という意味の言葉が由来だそうです。

こちらに来ないでくれ!と祈るような気持でしたが、こちらの気持ちは台風には届かず、着実に関東にせまってきており、関東の真上に上陸いたします。大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見も出始めているそうです。

昨年9月4日に日本に上陸して、西日本を中心に被害をもたらした台風21号ですが、和歌山市では57.4m/sの最大瞬間風速を観測し、観測史上1位の値となったほか、大阪市で観測した47.4m/sの最大瞬間風速は半世紀ぶりの記録だそうですが、今回はこれを上回る最大瞬間風速70.0m/s程度(9日は65.0m/s程度、10日は75.0m/s程度)が予想されているそうです。

大阪在住の方のベランダビオトープで、プラ船や睡蓮鉢なんて軽く飛ばされて、跡形もなく無くなっていたなんて情報もチラホラとありましたが、それよりも物凄い風速ですから、ニュースでは『ベランダに物を置いておくと、飛んできて窓ガラスが割れてしまうかもしれませんので、物は家の中に避難させておいてください。何もかも無くなってしまう可能性もあります。』という警告が出ております。

我が家は海沿いに近く強風の影響をまともに受けますので、今回の台風ではひとたまりもないと想定されます。9日から風に影響を受けやすい抽水植物や、アサガオなどのガーデニングの植物は、今年はシーズン終了として、早めの冬支度をすることにしてカットしております。

そして、いよいよ台風が近づいてきましたので、風で飛んでしまいそうなビオトープの用具や容器などは全て家の中に入れることにしました。中型の容器は、とても悩みましたが、風の影響がないような所に避難させております。大きな容器は動かしようがないので、そのままにしております。上記の台風21号の話では、大きな容器もひとたまりもないのですが、こればかりは仕方ありません。手広く?やっているのが、裏目にでております。


スポンサー広告



トマトは実がなってきて、あと少しで食べれるのですが、そのままにしておくと支柱が軽いので飛んでいってしまいます。支柱を取り外す為に残念ながらカットしました。最後まで悩みましたが、仕方ありません。
IMG_0741

トマトの実がなっております。ごめんね。
IMG_0742

スポンサー広告



カットしたトマトの株です。小さい芽は残しますが、季節を考えると実がなるのは難しいと思います。ちなみに近くにおちたトマトに実から芽がでておりました。
IMG_0744

ナスは支柱がないと倒れてしまいました。とりあえず、ナスはカットせずにこのままにしておきます。早く台風が通り過ぎてもらい、支柱に立てかけてあげたいです。
IMG_0745

スポンサー広告



中型の容器は、ベランダ外側の壁沿いに置いております。
IMG_0746

ホテイ草と前日カットしたイネの容器です。こちらもベランダ外側の壁沿いに置いております。
IMG_0750

スポンサー広告



重くて動かせない大型の容器は、そのままにしております。水を抜いて軽くしてから屋内に避難とも考えましたが、このままにしておきます。
IMG_0748

これで避難完了です。本当は全部屋内に避難させたいのですが。
IMG_0747



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。