夏が過ぎてからもしばらくは暑さが残ったが最近は急に涼しくなってきた。カブトムシの成虫はお盆過ぎにシーズンを終えている。その後、容器を観察していると、幼虫が産まれているのがわかったのでオオクワガタの朽木の割り出しのように『幼虫いる?、いない?』ではなく、純粋にどれだけの頭数がいるかを確認するためだ。本格的に寒くなる前にマットから幼虫を取り出してマットを取り換えることにする。

スポンサー広告



今回の産卵環境は、とても手を抜いている。夏前の取り換えたマットはカブトムシの尿でベチョベチョになり、猛暑が続いていた時にマットを容器にいれたまま乾かしているので、おそらく卵にダメージを与えていたおり産まれた頭数に影響しているはずである。頭数が増えても育てられないのであまり産まないように、それでも累代飼育できるような頭数維持ぐらいは産んでくれるようにと期待していたのだが、容器を見た限り人間様の都合どおりに産んでくれるようである。

掘り返す前のマットの状態。見た目はわからない。写真では見えないが糞が少しある。
IMG_5333

容器を開けてマットを掘ってみると糞が大量にでてきた。掘り続けるといきなり体長の大きな幼虫の一部がでてきた。成虫のシーズンが終了して1ヶ月ぐらいであるがかなり大きくなっている。
IMG_5334

スポンサー広告



カブトムシの幼虫。2齢幼虫でしょうか。元気に動いている。
IMG_5335

こちらもオオクワガタと同様に6匹。多くもなく少なくもなく、人間様が育てやすい頭数を産んでくれた。
IMG_5336

スポンサー広告



マットを取り換える。この時期のマットが一番重要となる。10月から12月初旬あたりまでに来年成虫になるカブトムシの成虫の体格が決まるといっても過言ではない。この時期に大きく育てないと、越冬して春になって夏に向かって体格は大きくならない。大量にマットを敷き詰めて沢山栄養をとってもらう。
IMG_5338

幼虫を置くとあっと言う間に潜っていった。大きくなってね。
IMG_5339



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。