近所の歩いて5分ぐらいでいける川の近くにある排水溝には外来種がはびこっています。外来種の宝庫でして、カダヤシ、アメリカザリガニ、ウシガエル(オタマジャクシ)、そしてさらにミシシッピアカミミガメも生息しており、しっかり繁殖までしてさらに個体数が増えていっている排水溝なのです。

その場所とは別の排水溝ですが、今年もその水面に『ホテイ草』が繁殖して水面を覆っています。理由は明白で誰かがランナーで増えるホテイ草を捨てたと思われます。昨年も記事にしましたが、今回久しぶりにその排水溝脇の道を通ったので状態を確認してみますと再び『ホテイ草』が繁茂しておりました。

本日の状態です。残念ですが誰かが捨てたホテイ草が繁茂しています。
IMG_20190608_171257


2018年9月8日記事のホテイ草の状態です。
IMG_20180908_084553



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。