本日は快晴で暖かい日でした。日中は気温は16℃まで上昇しましたが、風は冷たく感じ、本格的な春の訪れはあともう少しな感じです。

メダカたちも、暖かい日中は、水面にでてきて、元気に泳ぎ始める姿が見える時期です。いよいよ待ちに待ったビオトープシーズンの始まりとなります。容器の掃除や水替えしようかな!とか、エサをあげようかな!なんて思います。

この時期、エサをあげる時期は気を使います。冬の間に冬眠状態であったメダカですが、まだ目覚めたばかりですので、いきなりエサを与えると消化がされずに体調を崩してしまいます。

この時に一番注目すべきことは水温になります。
目安としまして、日中の水温が15℃になりましたら、エサをあげ始めてもいいんです。たぶん、他のサイトでも同じようなことが書いてあるかと思います。

ただ、問題は夜間なんです。夜間には水温がぐっと下がりますので、体調を崩して死んでしまうことも多々あります。屋外での飼育なら植物性プランクトンなどを食べているはずですので、水温が15℃になったからと言って、すぐにエサを与えなければならないというものでもないのです。


ようやく暖かくなってエサをあげ始めるわけですが、初めはエサの量は控えめにあげてあげてください。もちろん日中に水温が低い日、目安は15℃にはあげないでください。

本格的な日中の水温が20℃前後目安にエサの量を増やします。5分で食べられる量にします。

屋外飼育での春のエサやりはとても難しいのですが、十分に暖かくなってからのエサやりをオススメします。


スポンサー広告



ハスの容器のメダカです。豊富な植物プランクトンを食べてもらって、もうしばらくはエサはあげません。
IMG_5916

ヒメダカの容器です。こちらも植物プランクトンでしばらくは過ごしてもらいます。
IMG_5919

スイレンの容器です。ヒメダカはふっくらとした体形で泳いでいます。元気そうです。
IMG_5921



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。