猛暑が一段落しました。とはいえ、まだ蒸し暑いのですが一瞬涼しい風を感じた本日でした。夏が終わりを告げつつある中で、カブトムシはシーズンを終えてしまいましたが、長寿オオクワガタは、元気に活動しております。先に入れた産卵木はボロボロになってしまいましたので、夏が終わるころにはなくなってしまうんじゃないかと思い追加で1本入れております。

オオクワガタの箱は、2箱ありまして、オス1匹にメス多数という構成になっております。夏が始まる前はオスが2匹ずついたのですが、勢力争いがありまして、1匹ずつになりました。オオクワガタはオスメスの相性が悪いとメスもやられてしまうことがあるんですが、メスは相性がよいのか、やられてしまった者はおりません。

産卵痕が凄いのですが、どれくらいの産卵をしてくれているか楽しみではありますが、たまに木を削るだけ削って産卵していないこともあるので、産卵木を割り出してみないとわかりませんが、割り出しの楽しみは、オオクワガタを飼わないとわかりませんので、贅沢な楽しみだなと思っております。

スポンサー広告



ライトを当てるとすぐに隠れるオオクワガタの容器です。
IMG_0335

オオクワガタのオスが隠れています。本当に素早いオスです。
IMG_0336

スポンサー広告



産卵木が削られています。はたして産卵してくれているでしょうか?
IMG_0337



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。