◆生育環境
 ・千葉県
 ・マンション5階南西のベランダ(屋外)
 ・日照時間は5月では6時間40分程度
 ・海から1.4キロ程度
 ・強風かなり多い


スポンサー広告



◆ドワーフフロッグビット
【購入動機】
ホテイ草は暖かくしてれば多年で生きるけど、何もしないで日本の冬を越せるような(多年性)浮遊性植物を探していて見つけた。

【歴史】
我が家の環境で初期のころ(7年前)から生き延びている。姫スイレンとともに昨年の大規模修繕工事で半年程、半日蔭の環境に置いておいても生き延びた強い生命力である。
我が家はメダカやドジョウ、ミナミヌマエビたち水生生物にエサをついつい与えすぎるので成長速度が速くて増殖していくこの浮草は雑食性であるレッドラムズホーンとともに水質浄化作用でMVP級の働きをしてくれている(ありがとう!)。
唯一いただけないのが、アブラムシが大好きなので一度とりつくとあっという間に水面一面の浮草すべてにひろがる。枯れることや害はないが、あまり見栄えのいいものではない。
また爆発的に増える状態になるとあっという間に水面一面を覆うので間引く必要もある。

【概要】
多年草の浮遊性植物。
屋外にて越冬(成長が止まる、葉が黄色い状態)できる。

【生き物との関係】
日光を遮ってくれ、水が高温になるのを防ぐ。
増えれば水質浄化作用もある。

スポンサー広告



昨年の大規模修繕でで半年程、半日蔭の環境に置いておいて枯れたかと思ったが見事にここまで復活したドワーフフロッグビット。
IMG_2987



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。