虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

2017年09月


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

今日は休みなのでいつもの通りビオトープやガーデニングなどの世話をしていた。アサガオを見るとタネが沢山すいており、種の入った袋が乾燥して茶色っぽくなっている。

少し前も収穫したので、もうこんなにできたのか?と思いふと見ると、アサガオの葉が何かに食われた後がついている。

それもいたるところに。『ん?バッタか?』、マンションの5階だが以前にイナゴが滞在していたこともあり、いるのかななんて思ったが、下を見たら、糞が沢山落ちている。かなりの数でバッタやイナゴはこれほどまでの数にならない。


スポンサー広告



この糞の数でいうと『イモムシ系』だなと思い、至近距離で観察していたので、とっさに後ずさりした。

さて正体ななんだ?と割り箸を使って、葉を1枚1枚めくっていった。巨大なイモムシも想像したが、糞の大きさが小さいので、数が沢山いるな?と思い葉をめくっていった。

しかしながら、なかなかつかれない。何故か見つからない。擬態化しているから見過ごしているかも?なんて思っていたら見つけた。立派に成長した4~5センチ程度のアオムシであった。

何のムシかわからないので調べてみると『スズメガ』の幼虫と出ていた。かなりデカくなるとの事。枝や茎だけになるまで葉を食べつくすが無害無毒なのでそのままにすることにした。

ただよく見てみると特徴の『角』がない。違うなぁと再度調べたところ『ヨトウムシ』と出た。こっちだなと。

スポンサー広告



調べてみると、こんな感じだ。
===================================================================
日本各地に生息し、成虫が飛んできて植物の葉に卵を産み付けていくことで発生します。1匹当たり1,000~3,000粒ほどの卵を産むため、ふ化すると大量発生します。

卵は直径0.6mmほどで、まんじゅうのような形をしています。卵から生まれた幼虫は、昼間は土中に隠れ、夜になると集団で這い出てきて、植物の葉脈以外を食害します。

幼虫は1ヶ月ほどで蛹になると、土の中で休眠し、ふ化して成虫になります。

成虫の体長は15~20mmで、黒や灰色をしているのが特徴です。若緑色の幼虫は体長30~50mmほどで、頭の後ろに黒いまだら模様がある種類や、体の両側にピンク色の斑点を持つものもいます。
===================================================================

スポンサー広告



成虫1匹で3000個の卵を産卵。糞がかなり落ちていたから、いっぱいいるんだろう。夜に見てみたらすぐに3匹も見つけた。

それもアサガオだけでなく隣にあるツルレイシ、トマトにもいた。やはり数が多すぎるので駆除するしかないか?それとも1ヶ月で蛹だから、大きさから言うともう蛹になるだろうか?

しかしながら綿花といいアサガオといい、今年は害虫が非常に多い年だ。マンション5階で南西に位置している我が家は、強烈な西日があり、虫が生きるのにもままらなない環境であったが、今年の夏は曇りばかりで涼しかった為、緑の豊富な環境は虫にとってはいい環境なのだろう。

スポンサー広告



アサガオの葉の裏にいたヨトウムシ。
IMG_3608

アサガオの葉が食べられてぼろぼろに。
IMG_3610

スポンサー広告



夜、ツルレイシに葉の裏で食事をしているヨトウムシ。
IMG_3615

アサガオで食事中のヨトウムシ。
IMG_3621

トマトにいるヨトウムシ。
IMG_3627



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

オオクワガタ(メス)が羽化していた。8月30日に蛹になっているのを見つけて驚いたし、無事に羽化するか心配であったが、本日羽化しているのを確認。ただ羽化して1ヶ月は体は固まらないのでしばらく様子見となる。取り出すタイミングが難しい。

オオクワガタのメスが羽化している。
IMG_3552

あまり動かない。そっとしておく。

IMG_3551



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

台風一過!ガーデニング編!!


スポンサー広告



綿花は折れた。
IMG_3556

小さい鉢は倒れている。
IMG_3557

スポンサー広告



アサガオやツルレイシの花、綿花などの葉が飛び散っている。
IMG_3559

トマトの茎が折れている。
IMG_3570

スポンサー広告



アサガオは支柱が倒れている。
IMG_3571


ツルレイシは大丈夫だった。
IMG_3578



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

台風一過!今日はそんな日であった。

台風一過の意味を調べると「台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。」 だそうだ。

昨夜からの強風で覚悟はしていたものの、ベランダに出てみて改めて本日未明においての強風は凄まじいものであった事を知った。昨夜は少し窓を開けて寝ていたが風の音がゴーゴーを聞こえてうるさくて起きてしまった。この風だと、ビオはかなりやられてるなと思いながら、窓を閉めて寝てしまったが。


スポンサー広告



さて話を戻してベランダに出てみたところ、やはりというかものの見事にビオトープは壊滅状態であった。海に近い我が家のベランダは強風が発生しやすいし、抽水植物が多いビオトープなので強風の影響を受けやすい。

それでも抽水植物を植えているのは、たまたま好きな植物が抽水植物が多かったことと、沈水性や浮遊性や浮葉性だけでは少し単調に感じるので抽水植物があったほうがアクセントがあっていいかなと思ったからだ。

気を取り直して、倒れた鉢を元に戻してから折れた茎や葉はカットした。その中でコガマだけは、かなり大きく天井にまでつくような高さで風の影響を受けやすいはずなので、折れた茎や葉がなかった。抽水植物の中でも強いことを証明した。

スポンサー広告



【台風での被害状況】

ブルーイグサ、セイタカアシが鉢ごと倒れている。
IMG_3553

シロバナサクラタデが倒れている。
IMG_3555

スポンサー広告



アサザの葉が容器の外に出ている。
IMG_3560

コガマが鉢ごと倒れている。ウキヤガラが折れている。
IMG_3561

スポンサー広告



イネも倒れている。いつの間にか穂が黄色くなっている。
IMG_3562

カキツバタの葉がパキパキに折れている。
IMG_3565

スポンサー広告



カンナ フラッキダは大丈夫だった。
IMG_3569

ハンゲショウはぐちゃぐちゃ。
IMG_3572

スポンサー広告



【整理後】

ブルーイグサ、セイタカアシの鉢を元に戻して、長い茎はカット。
IMG_3576

アサザも不要な葉はカット。
IMG_3581

コガマの鉢は元に戻して、ウキアガラの倒れたものはカット。
IMG_3582

スポンサー広告



コガマは強い。こんなに大きいのに茎や葉は折れなかった。
IMG_3583

イネは紐でひとくくり。
IMG_3584

スポンサー広告



カキツバタはカット。
IMG_3586

ザリガニの剥製は軽いはずなのに風で飛んでいかなかった。
IMG_3585



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

ザリガニの容器を整理した。5月14日に近くの側溝でザリガニ10匹を捕ってきたが、どうなっただろうか?というのはホテイ草を水面一面に敷き詰めており、たまにホテイ草の隙間からザリガニが見えていたが、どうなっているのか?

ホテイ草が枯れてきたので撤去したが結果は予想していたよりもはるかに生き残りが少なかった。全部でたった3匹。9匹もいなくなっていたし死骸もなかった。生き残ったザリガニはいずれもメスである。


スポンサー広告



柔らかいザリガニもいた。脱皮したばかりだ。このザリガニは別の容器に隔離した。もう一匹、産卵しているザリガニもいた。

このザリガニも別の容器に隔離した。もう一匹元気なザリガニも別の容器なので三匹とも別の容器となった。今まで飼育してきた容器はもう大きすぎるのでやめて小さめの容器で飼育することにした。

一匹、脱走したオスザリガニを見つけた。もうすでに干からびており剥製になっていた。合掌。

脱皮した直後のザリガニ。
IMG_3545

スポンサー広告



産卵しているザリガニ。
IMG_3544

脱走して干からびているザリガニ。剥製になってしまった。
IMG_3543



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ