ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』であるが、秋から屋外のプランターから屋内の30センチ水槽に引っ越したのだが、このところやたら巨大化して、かなり手狭になってきた。まだ秋に購入したばかりなのだが、妻の『狭くてかわいそ~。広い水槽を買ってあげて』との言葉に、

(俺)『 じゃ30センチはどうするの? 』
(妻)『 エビでも買えば? 』

以前に生きエサとしてスジエビを入れたことを覚えていて、水槽をふやすことに抵抗がなくなったんだと思う。たしかに『ミッピーちゃん』は窮屈そうに泳いでいて可哀想なので、まだ買ったばかりだったが45センチ水槽を新たに購入して引っ越しさせることに決意した。

もともとの30センチ水槽は余ってしまうので助言にしたがって『熱帯魚』を飼うことにした。


スポンサー広告



購入したものは以下のとおり。先に購入したミシシッピニオイガメ45センチと設備一式を含めると2万円ちょっと使ってしまったが概ね満足。

【用土】
 水質調整底床 コントロソイル パウダー

【水槽及び設備】
 リーベックス 簡単デジタルタイマー グレー PT70DG
 デジタル温度計兼水温計 パッケージ無し バックライト付

【水生生物】
 ラスボラ・エスペイ
 ネオンテトラ
 オトシンクルス
 コリドラス
 チェリーレッドシュリンプ

【水生植物】
 ミクロソリウム プテロプス付 流木 SSサイズ(1本)
 巻きたてウィローモス付 流木
 アヌビアスナナ&ゴールデン 流木付 ミニサイズ

ミクロソリウムが大きくて水槽をでてしまうほどで想定外だったのを除き、ほぼ思った通りにレイアウトできた。

華やかな感じに憧れてしまって30センチ水槽の割に多く水生生物を購入してしまったが、見ていてとても楽しい。はたしてうまく維持していけるか手探り状態であるが初めてアクアリウムを楽しみたい。毎年冬はいつも春がくるのが待ち遠しかったが、これで冬も楽しめるかな。

スポンサー広告



全体はこんな感じ。
IMG_3913

ネオンテトラとラスボラ。
IMG_3914

スポンサー広告



チェリーレッドシュリンプ。ヒーターに集まっている。
IMG_3916

ここにもチェリーレッドシュリンプ。
IMG_3917

スポンサー広告



オトシンクルスとコリドラス。
IMG_3919

ミシシッピニオイガメと熱帯魚の水槽。
IMG_3922



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。