虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

2018年04月


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

春のビオトープの水替え&植え替えは一通り終わったので、今度はガーデン二ングにとりかかることにする。

観葉植物でパキラやセロームの毎年の植え替えを行なった後に、これも毎年行っているがプランターに野菜を植えることにした。

植えるのはミニトマトとミニキュウリにした。ミニトマトは今回初めてだが接ぎ木苗にしてみた。接ぎ木(つぎき)苗は病気や害虫などに強い台木に茎葉をつけた苗で安定した収穫が望めるらしい。ただし値段は通常の実生(みしょう)苗はより3倍の値段はするとののこと。

以前にホームセンターで接ぎ木のミニトマトを売っていたが、まだ在庫はのこっているかと思いながらホームセンターに行くと、もう2株しかなかった。

ひょろひょろの株しか残っていなかったが、たしかに値段は3倍となっていた。品種は欲しかった千果(ちか)であったので、とりあえずこれしかないので2株を購入した。

スポンサー広告



ミニキュウリはラリーノにしてみた。特徴はイボのない小さなキュウリで着果習性は主枝型の品種なので側枝はほとんど見られないとのこと、また、側枝が出にくい分、スペースもとらないため、ベランダなどの狭いスペースでの栽培にも向いているとのこと。

一緒に植えるものどうかと思うが、スペースもないのでひとつのプランターに植えることにする。何しろ、子供にせがまれたんで。


ミニトマトとミニキュウリを植えた後。
IMG_4690

スポンサー広告



ミニキュウリはラリーノ。果長9~10センチで房なりにたくさん実るそうな。
IMG_4691

ミニトマトの千果。ひょろひょろの株だけど、うまく育つだろうか。
IMG_4692



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

毎年春を迎えると、水棲生物を取り出し生存を確認して、水生植物を取り出して枯れた部分や成長しずぎて根詰まりを起こしている根を取り除く。我が家の水生植物は全て多年草なので毎年繰り返しをなるのだが、たまに冬の間に力尽きて春に芽がでてこないことがある。

毎年のように目にとまった水生植物をいろいろ購入して植えていた時期があった。インターネットで『おすすめ水草』『初心者向け水草』『育てやすい水草』からおもしろそうな植物を見つけだして購入していた。しかしながら、おすすめで水生植物を購入して、そのままでほったらかしでいいかというと、しっかり世話はしてあげないといけない。


スポンサー広告



『ビオトープ』という言葉を発見してから、どんなものなのか?やり方はどうなのか?といった事をインターネットや本など資料を読み漁った時に、水生植物に関しては購入後の植え方や越冬時の管理方法などがたくさん紹介されているけれど、途中のメンテナンス部分は、『たまに間引いてあげましょう!』『肥料を時々与えてあげましょう!』ぐらいしか載っていないので、実際にビオトープを立ち上げ時に気にせず好きな水生植物を購入したが、世話をしないと徐々に絶妙な狭い空間でバランスを保っていた環境が徐々に壊れていき、水生植物はおろか水棲生物に影響を受けるということになる。

よく考えたら当然なんだけれど、この世話をする部分があまり語られてないので水生植物は好きな人は、水生植物たくさん植えたのはいいけれど、その後爆発的に増えてひどい状態なるなんてことが結構あるんではないだろうか。

スポンサー広告



メダカでいうと産卵や孵化を上手にされている方は、あまり水生植物を植えていないし全く水生植物を植えていない方もいる。上手な方のプログをよく見ると画像にあまり水生植物がでてこないし、むしろエアレーションやろ過機がでてくる。

ただ水生植物を水棲生物の両方を楽しみたいこともあり、水生植物を購入して植えた後もしくは春のリセット後の苦労点だけを書いてみる。今回は姫スイレンを取り上げる。


◆姫スイレン
IMG_4687

スポンサー広告



◆生育環境
 ・千葉県
 ・マンション5階南西のベランダ(屋外)
 ・日照時間は5月では6時間40分程度
 ・海から1.4キロ程度
 ・強風かなり多い

◆春(3~4月)
根はパンパンに成長して根詰まりしているので鉢からとりだすのに苦労する。新しい株が増えているので、根はほとんどなくてもいいぐらい大胆にカット、株もカットして1株に切り離してから植えなおす。葉や茎は冬に枯れたほとんど葉や茎は溶けてしまっているが、枯れて残っている古い茎や葉は新しい芽を残す。

◆最盛期(6~8月)
葉が増えすぎて水面をすべて覆ってしまうので水中に日光が届かなくなるので葉を間引く必要がある。葉は水面にある茎からカットする。基本的に葉は水面に浮く「浮き葉」であるが、浮き葉で水面を覆うと、水面より高く上がる「立ち葉」になる場合がある。ここがハスを間違えられやすいところなのかもしれない。なお花は咲き終わった後はカットする。

◆秋(11月)
葉が枯れてきて見た目が悪いので、葉は少し残してほとんどカットする。少し残してという意味は水棲生物の隠れ家になるので残している。葉が枯れていて残したくない場合は全てカットしても翌年に芽が生えてくる。

◆冬(12月~翌年2月)
冬は地上部は基本的に枯れるが、水中にある葉は暖かければ枯れない。水を切らさないように足し水をする。

◆他
メダカの産卵場所など言われているが産卵場所にはならない。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

2月にオオカマキリの卵を観察のために採取した卵であるが、本日孵化しているのを確認した。暖かくなったので、そろそろだと思ったが、ケースを覗くとオオカマキリたちが産まれていた。

しかしながら、近くの原っぱも造成工事が沢山行われていてカマキリの卵も以前に比べたら少なくなった。

流石にオオカマキリたちにエサはあげられないので逃がしに行くが、エサとなる生き物が豊富にいるだろうか?

スポンサー広告



卵から孵化した子供カマキリ。
IMG_4655

不完全変態なので親虫と姿は変わらないし、獲物を待っているポーズもしている。
IMG_4656


近くの原っぱに逃がしに行こう。
IMG_4657



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

熱帯魚水槽のコケが再びスゴイことになったので、ヤマトヌマエビとカノコ貝を投入したが、たった2日間で劇的に改善した。

しかしながら、ここまで改善するとは思ってもみなかった。逆にエサのコケがなくならないか心配になるほどだ。綺麗になったからといって富養栄養化した水が改善されるわけでもないので、ただでさえ生体が多いのでエサやりには注意が必要だ。

ただ、ガラス面が綺麗になったのはうれしい。普通に観察することができるのでありがたい。どちらも増えることがない生体なので長生きしてほしい。

スポンサー広告



ガラス面や水草がコケまみれになった熱帯魚水槽(2日前)。
IMG_4641

綺麗になった熱帯魚水槽。ガラス面がピカピカだ。
IMG_4646

スポンサー広告



コリドラスの横でモスに付着したコケをひたすら食べているヤマトヌマエビ。
IMG_4647

アヌビアスナナの葉に付着したコケを食べているヤマトヌマエビ。
IMG_4648

あちらこちらでコケを食べているヤマトヌマエビ。
IMG_4654



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

一通りの春の水替えが終わった。メダカを投入しての一日目の様子である。


ハスの容器。黒メダカが泳いでいる。
IMG_4637

メインの容器にいる白メダカ。なかなか臆病ですぐに隠れてしまう。
IMG_4638

スポンサー広告



新しく立ち上げたビオ容器で泳ぐ黒メダカ。
IMG_4639

スイレンの容器で泳ぐヒメダカ。奥に隠れて出てこない。
IMG_4640

スポンサー広告



ミナミヌマエビたちは元気。
IMG_2194

新しく立ち上げた容器で泳ぐ黒メダカ。
IMG_2196

ヒメタニシ。元気に動いている。
IMG_2200

スポンサー広告



スジエビ。水替え後で一番影響を受けている。
IMG_2228

新しく立ち上げた容器にいるヒドジョウ。
IMG_2254



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ