毎年春を迎えると、水棲生物を取り出し生存を確認して、水生植物を取り出して枯れた部分や成長しずぎて根詰まりを起こしている根を取り除く。我が家の水生植物は全て多年草なので毎年繰り返しをなるのだが、たまに冬の間に力尽きて春に芽がでてこないことがある。

毎年のように目にとまった水生植物をいろいろ購入して植えていた時期があった。インターネットで『おすすめ水草』『初心者向け水草』『育てやすい水草』からおもしろそうな植物を見つけだして購入していた。しかしながら、おすすめで水生植物を購入して、そのままでほったらかしでいいかというと、しっかり世話はしてあげないといけない。


スポンサー広告



『ビオトープ』という言葉を発見してから、どんなものなのか?やり方はどうなのか?といった事をインターネットや本など資料を読み漁った時に、水生植物に関しては購入後の植え方や越冬時の管理方法などがたくさん紹介されているけれど、途中のメンテナンス部分は、『たまに間引いてあげましょう!』『肥料を時々与えてあげましょう!』ぐらいしか載っていないので、実際にビオトープを立ち上げ時に気にせず好きな水生植物を購入したが、世話をしないと徐々に絶妙な狭い空間でバランスを保っていた環境が徐々に壊れていき、水生植物はおろか水棲生物に影響を受けるということになる。

よく考えたら当然なんだけれど、この世話をする部分があまり語られてないので水生植物は好きな人は、水生植物たくさん植えたのはいいけれど、その後爆発的に増えてひどい状態なるなんてことが結構あるんではないだろうか。

スポンサー広告



メダカでいうと産卵や孵化を上手にされている方は、あまり水生植物を植えていないし全く水生植物を植えていない方もいる。上手な方のプログをよく見ると画像にあまり水生植物がでてこないし、むしろエアレーションやろ過機がでてくる。

ただ水生植物を水棲生物の両方を楽しみたいこともあり、水生植物を購入して植えた後もしくは春のリセット後の苦労点だけを書いてみる。今回は姫スイレンを取り上げる。


◆姫スイレン
IMG_4687

スポンサー広告



◆生育環境
 ・千葉県
 ・マンション5階南西のベランダ(屋外)
 ・日照時間は5月では6時間40分程度
 ・海から1.4キロ程度
 ・強風かなり多い

◆春(3~4月)
根はパンパンに成長して根詰まりしているので鉢からとりだすのに苦労する。新しい株が増えているので、根はほとんどなくてもいいぐらい大胆にカット、株もカットして1株に切り離してから植えなおす。葉や茎は冬に枯れたほとんど葉や茎は溶けてしまっているが、枯れて残っている古い茎や葉は新しい芽を残す。

◆最盛期(6~8月)
葉が増えすぎて水面をすべて覆ってしまうので水中に日光が届かなくなるので葉を間引く必要がある。葉は水面にある茎からカットする。基本的に葉は水面に浮く「浮き葉」であるが、浮き葉で水面を覆うと、水面より高く上がる「立ち葉」になる場合がある。ここがハスを間違えられやすいところなのかもしれない。なお花は咲き終わった後はカットする。

◆秋(11月)
葉が枯れてきて見た目が悪いので、葉は少し残してほとんどカットする。少し残してという意味は水棲生物の隠れ家になるので残している。葉が枯れていて残したくない場合は全てカットしても翌年に芽が生えてくる。

◆冬(12月~翌年2月)
冬は地上部は基本的に枯れるが、水中にある葉は暖かければ枯れない。水を切らさないように足し水をする。

◆他
メダカの産卵場所など言われているが産卵場所にはならない。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。