ヒメタニシは主に本州に生息するタニシ。沼、小川、水田などに見られ、コケや藻を食べている。
卵胎生で6~8月にかけて稚貝を生む。水質浄化に役立つことが知られ、水槽やビオトープ容器の植物プランクトンの大発生を抑えてくれる。基本的には夜行性で、昼間は水面付近に集まったり、砂の中に潜ったりしていることが多く、硬度の高い水質の方が繁殖する。ビオトープの容器では水質浄化と藻の除去をしてくれるタンクメイト。

最近、ヒメタニシの赤ちゃんが、あちこちの容器でたくさん産まれている。ヒメタニシは例年たくさん産まれているが、うまく育たずにかなり数を減らして翌年の春を迎えてしまう。

おそらくヒメタニシのエサであるコケが不足している。用土がない、または少ない環境、低床に石や砂利を使用しておりすみづらい環境であったと思われた。

ヒメタニシを元気に育てるヒントとなったのは昨年のハスの容器である。ハス自体は失敗してしまったが用土を低床として水生植物の土を使用して、ハスの肥料の残りが水を富栄養化してコケがよく生える状態であった。ヒメタニシは無事に一匹も死なずに越冬したのだ。

スポンサー広告



そこで今年は低床に水生植物の土を使用しヒメタニシが用土に潜る環境、またコケを生えやすい状態にした。それでもコケが不足すると思われるので餓死対策としてプレコを与えている。プレコはドジョウもエビも貝も食べる万能なエサであると評判であり、半信半疑で使用してみたところ、予想以上にマドジョウもミナミヌマエビもヒメタニシもプレコを食べている。

プレコは与える数を注意しないと水が富栄養化しがちになるエサであり、富栄養化するとコケが増えがちになるのでヒメタニシには適した環境になる。逆にメダカやエビに決してよくない環境なのだけれど、特にハスの容器はハスが栄養をある程度吸収してくれるので水がギリギリのところで汚れ過ぎないしメダカもエビも何とか生きていけてるので最適な環境なのではないだろうか。

スポンサー広告



赤ちゃんタニシにプレコを与えると集まってくる。
IMG_4949

スイレンの容器でも赤ちゃんタニシが育っている。
IMG_4951

熱帯魚水槽からハスの容器に移動したタニシの赤ちゃん。
IMG_4952

スポンサー広告



あちこちの容器で産まれているタニシの赤ちゃんたち。
IMG_4959

一か所に集まるタニシの赤ちゃんたち。
IMG_4964



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。