虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

2018年06月


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

アサガオのタネを3つ植えたが3つとも発芽した。すでに本葉がでてきており元気に育っている。

IMG_5120_black



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

5月にオオクワガタが一斉に蛹化したが、最近菌糸ビンが夜中にガサガサと音がするようになった。夜中に起きて(起こされて)菌糸ビンを開けてみると、オオクワガタのメスが地表にでてきているではないか。

菌糸ビン3000cc2本で6匹、5匹、2000cc1本に3匹、850cc1本に1匹で合計15匹オオクワガタの幼虫を飼育している。蛹化してからは4週間から8週間で成虫になり、成虫になってから1ヶ月程度で体が固まり地表にでてくるので、そろそろではを思っていたのだが、ついにこの時がきた。

菌糸ビンを掘り出す前に屋外で越冬したオオクワガタもいったん容器から掘り出すことにする。オス1匹メス2匹の合計3匹が残っていた。このオスが結構凶暴で昨年はオス1匹メス1匹が犠牲になった。

スポンサー広告



越冬したオス1匹とメス2匹。
IMG_5084

さっそく3000ccで5匹を飼育していた菌糸ビンを掘り出すことにする。はたしてどれだけの成虫が出てくるだろうか。特に気になるのは掘り出すタイミングが遅すぎてオオクワガタたちが餓死していなければいいけれど。
IMG_5085

スポンサー広告



すでに地表にでてきている穴が無数にある。これは期待がもてる。
IMG_5086

最初に表層をごっそり剥ぐと、幸先よくいきなりメスが1匹出てきた。元気に動いており地中に潜ろうとしている。
IMG_5087

スポンサー広告



幼虫たちがたくさんマットを食べてくれたからかマットが柔らかくて簡単に掘っていける。掘り進んでいくとオスがでてきた。ちょっと小ぶりかな。
IMG_5088

菌糸ビンなので桶室もそのままの形で掘り出すこともできる。
IMG_5089

スポンサー広告



掘り進んでいくと『うわぁー!やられている!』。オオクワガタのオスだろうか首だけがでてきた。クワガタは凶暴なので一緒に飼うにはリスクがあることはわかっているけれども、もうちょっと早く掘ってあげたら。
IMG_5090

幼虫5匹中、メス2匹オス2匹の合計4匹が無事に成虫になってくれた。
IMG_5091

スポンサー広告



次に3000ccの6匹を飼育していた菌糸ビンを掘り出すことにする。こちらもどれだけの成虫がでてくるだろうか。1本目がなかなかの好成績なので期待。
IMG_5093

こちらも地表でてきた痕跡がある。
IMG_5094

スポンサー広告


こちらのマットも柔らかくて簡単に掘っていける。掘り進んでいくとオスが出てきた。こちらも幸先がいい。さらに掘り進んでいくとオスがもう1匹でてきたが次が見つからない。底にあるんだろうと掘り進んでいったが結局見つからなかった。死骸すらないのでマットごと見逃してしまったか?と思い何度も確認したがいない。部屋の中で脱走でもしたのか?
IMG_5095

なんと6匹幼虫から成虫2匹という結果。なかなかショッキングな結果となった。
IMG_5096

スポンサー広告



気を取り直して2000ccで3匹を飼育していた菌糸ビンを掘り出すことにする。3匹とも成虫になっているだろうか。
IMG_5098

地表に成虫がでてきた痕跡が一切ない。嫌な予感がする。
IMG_5099

スポンサー広告



マットがとても硬い。手で掘ることができない。割り箸で刺して掘り返そうとしたら硬くて折れてしまった。生きているのか?疑問と思いながらなんとか表層を剥いでみると、大きなオスが顔をのぞかせているではないか!
IMG_5100

おぉ!おっきい!
IMG_5101

スポンサー広告



なかなかいい感じのオスが出てきた。長生きしてほしいなぁ。
IMG_5102

大きい個体です。
IMG_5103

スポンサー広告



さらに掘り進んでいくと、これまた大きなオスが出てきた。あと1匹もどうだろうか。
IMG_5104

こちらも大きい個体です。
IMG_5105

スポンサー広告



結局、もう1匹はでてこなかった。3匹幼虫で2匹成虫という結果。
IMG_5106

最後に850ccに1匹飼育している菌糸ビンを掘り返す。これは問題なさそう。

IMG_5110

スポンサー広告



蓋を開けます。
IMG_5111

掘り進んでいきます。
IMG_5112

スポンサー広告



掘り返していくと蛹の状態で死んでいた。ショック!
IMG_5113

今回8匹の越冬した3匹を加えて11匹になった。
IMG_5108


スポンサー広告



IMG_5109

スポンサー広告



最後にだが、実はやはり部屋の中で脱走していた模様でメスを1匹捕まえた。最終的に全部で12匹になった。メスは少ないので見つかってありがたかった。産卵床である産卵木は現在水に浸けて柔らかくしている最中。また産卵してもらえるだろうか。
IMG_5121

重石をとります。
IMG_5122



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

カブトムシの蛹化が1ヶ月前あたりに観察できたが、2日前ぐらいに久しぶりに見るとすでに羽化しており、成虫が地表にでてきている痕跡があった。

よくよく見るとオスの角だけニョッキっとでており、これはもう掘り返して夏の成虫飼育に切り替えねばということで、前日に近くのホームセンターにマット(産卵用)を購入しに行って本日を迎えた。

すでにオスが一匹でていたので前日にゼリーを入れておいた。蓋を開けるとオスが威嚇してきた。元気がいい。

このオスを別の容器に移し替えて、さっそくマット掘り返してみると地表近くではカブトムシのオスたちがたくさん出てきた。

オスたちを捕まえて別の容器にうつしていく。メスはまだ見つからない。さらにマットを奥まで掘っていくと容器の底のほうでメスたちが出てきた。

ちょっと小ぶりではあるけれど、オス5匹メス6匹の合計11匹が無事に成虫になってくれた。今年は成虫になるのが早い感じがするがさっそく本日から騒がしい夏の夜の幕開けとなる。

スポンサー広告



すでに一匹のオスが。元気に威嚇している。
IMG_5070

立ち上げるほど元気いっぱい。
IMG_5071

スポンサー広告



マットを掘っていく。
IMG_5073

蛹の皮もでてくる。
IMG_5074

11匹も一緒に飼育しているので小ぶりだけれど無事に成虫になってくれた。
IMG_5075

オスの体格はまぁまぁだれど、メスがかなり小ぶりな感じ。
IMG_5079

スポンサー広告



マットを入れ替えてエサ皿の上にゼリーを入れてあげる。
IMG_5080

日光がまぶしいので成虫たちはあっという間に潜っていった。
IMG_5081



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

本日、アサガオが発芽した。3つのタネを植えてから11日経過している。昨年の2週間よりは早い発芽である。昨年の鉢を設置した場所より日当たりが良いので、その辺りが発芽を早めたのであろうか。

発芽したアサガオ。
IMG_5042

3つタネのうちの最初に発芽したアサガオ。
IMG_5047



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

ミニキュウリとミニトマトが少しずつ実がついてきた。


ミニキュウリ。本当に小さい。うまいのだろうか。
IMG_5037

ミニトマト。接ぎ木を購入したが、あまり実がなる感じではない。
IMG_5038



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ