虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

2018年07月


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

姫スイレンの花が咲いた。ここ何年か咲いていない株だったので、久しぶりに花が咲いてくれてうれしい。花の色は黄色だったんだね。

赤の株はいつも元気よく浮き葉を出すし、花も咲かせるんだけど、黄色のこの株は浮き葉も小さく、なかなか大きな浮き葉がでてきない。

ここのところの暑さで大きな浮き葉を出すようになったので、花も咲かしてくれるかなと期待していたのだが、期待どおりに花を咲かせてくれた。

スポンサー広告



朝は咲いていなかった姫スイレン。
IMG_3210

黄色の花を咲かしている姫スイレン。
IMG_3231

久しぶりに花を見れてうれしい。綺麗だなー。
IMG_3233



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

本日、会社から帰るとハスの蕾と姫スイレンの蕾を見つけることができた。我が家もようやくハスとスイレンの花が咲く季節となった。

ハスは一昨年枯らしてしまい、昨年はタネから育てて失敗と二年連続で失敗してしまったので、今年はレンコンを購入したが見事に咲いてくれた。

子供用のビオトープでは姫スイレンの蕾がついている。姫スイレンは2株植えているが1株は毎年花を咲かすが、このもう1つの株は以前いつ咲いたか覚えていないので、久しぶりに蕾をつけたことになる。何色の花であるかも忘れてしまったので楽しみである。


スポンサー広告



即非蓮。蕾がでている。久しぶりに花が見れそうでうれしい。
IMG_5211

子供用ビオトープの姫スイレン。
IMG_5208

久しぶりの花をつかた姫スイレン。
IMG_5197



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

マンションの廊下にゴマダラカミキリがいた。おそらく夜はこのマンションだけ周りの家に比べて廊下のライトが明るいので、明かりをめがけて飛んできたものと思われる。

廊下の灼熱地獄では死んでしまうかもしれないので連れて帰ってガーデニングのミニトマトにとまらせてあげた。元気なのでそのうちに飛んでいくだろう。

スポンサー広告



ゴマダラカミキリ。子供の頃はよく見かけたが最近はめっきり見かけなくなった。
IMG_3203



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

『そして誰もいなくなった』。アガサクリスティの有名な長編推理小説である。

記録的な猛暑が続いているが、ついこの間までは我が家のメダカたちは元気に泳いでいた。

しかしながら、昨日今日と何か泳いでいる数が少ないなぁ?暑いから底のほうにいるのかな?なんて思っていたりしたが、いつまで見ていても数が少ないままである。

目をこらして底のほうを見てみてもメダカの姿はない。まさか死んでしまったのか?恐る恐る探して見るが亡骸すら見つかれない。しばらく見ていると動かないメダカがいる。近づいて見てもまったく逃げようとしない。寝てるのか?と思い触って見るとなんと動かない。死んでいるのだ。

スポンサー広告



普通に泳いでいるように見えて死んでいる白メダカ。生き残りはいつの間にか5匹だけになってしまった。
IMG_3156

こちらは猛暑でも元気に泳いでいる白メダカたち。
IMG_3154

ハス鉢の黒メダカはかなり死んでしまった。写真は生き残りの黒メダカ。ハスの立ち葉で影ができるて水温が低くなるので安心していたが残念なことになってしまった。
IMG_3162

スポンサー広告



子供用ビオトープの黒メダカ。姫スイレンの葉で日蔭ができるので問題ないかと思っていたが、こちらも残念なことになってしまった。
IMG_3163

姫スイレンのヒメダカ。姫スイレンの葉で日蔭ができるので問題ないかと思っていたが、5匹しか生存確認がとれない。
IMG_3166

スポンサー広告



白メダカは10匹から半数の5匹、ハスの容器にいる黒メダカは10匹いたが2匹しか確認できない。子供用ビオトープはこちらも10匹いたが2匹、姫スイレンの容器は10匹いたが5匹と、どの容器も完全に生存確認がとれていないが、かなり死んでしまった。

こうなると子孫たちが元気に親まで育ってもらうしかない。子孫たちも大分数が減ってしまったが、親のように急激に数が減っているわけではないので今のところは様子を見ている。

メダカの子孫たち。白メダカとヒメダカの容器。
IMG_3167

こちらは数は少ないがヒメダカ中心の容器。
IMG_3168

こちらは白、黒、ヒメダカが混泳している容器。
IMG_3169



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

今朝、姫スイレンの花が咲いていた。今年はじめての花でようやく咲いてくれた。

昨年は日当たりがよくないので花は一輪しか咲かなかった。今年は日当たりのよい場所に置いているので、後どれくらいの花が咲いてくれるだろうか。

スポンサー広告



姫スイレンの花。ピンクの花。
IMG_3149

スイレンの葉に隠れて泳いでいるヒメダカたち。
IMG_3151



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ