虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

2018年11月


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』でありますが、以前にテラコッタトンネルを縦置きにしたところ、脱走名人のカメさん通りに、テラコッタトンネルを足場にして、水槽の縁に爪をかけて、腕力に物言わせて見事に脱出してしまったのでありました。

そこで脱走させないように魚の飛び出し防止柵をつけたミッピーちゃんの水槽につけました。しかしながら、本日帰宅してみると、柵が水槽の中に落ちており、そこにはミッピーちゃんが。

一瞬、「ばれた?」とビクッとしていましたが、その後の「どや顔」になり、むしろ自慢げにしておりました。その後、何事もなかったように遊んでおりました。

スポンサー広告



魚の飛び出し防止柵をつけたミッピーちゃんの水槽。テラコッタトンネルは縦置きにしました。
IMG_4071

魚の飛び出し防止柵。フレームレス用を購入しまして、無理やりフレームありの水槽につけました。すぐにとれやすい状態ですが、ミッピーちゃんは水槽の縁に爪を引っ掛けられないので、脱走できないかと思っております。
IMG_4086

スポンサー広告



「え!見つかちゃったー。私が落としたんだけど!何か!」と開き直り。
IMG_5621

「これよ、これ!」と落とした防止柵を自慢げに見せてくれます。
IMG_5626

「あ~。これにつかまるのも、気持ちいいよね~」とリラックスモード。
IMG_5623



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

キンブナちゃんが亡くなってしまいました。

2018年11月24日22時に飛び出しを確認し、死んだと思いこんでお墓へ入れてしまいました。その翌日の2018年11月25日11時にお墓から飛び出て生きていることが判り、急いで水を用意して容器に入れました。

すると最初は横たわっていたギンブナちゃんですが元気になり泳ぐまで回復しました。その後は元気にしていたのです。

しかしながら、本日見ると裏返しになり、亡くなっておりました。

最初にきちんと生きているか確認していればと思うと、非常に悔いが残りますし、申し訳ない気持ちで一杯です。この苦い経験を糧にしてパートナーたちと向き合いたいと思います。


元気な時のギンブナちゃん。今回は何度も生きているかの確認をしました。
IMG_4581



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

2018年11月24日22時、ベランダにビオトープの夜の観察がてら、見回りにいくと、魚が一匹、床に横たわっていました。ライトで照らしてみると『!?。ギンブナちゃんが死んでいる!!!』。ギンブナちゃんの目はすでに白く、体全体は乾燥しており、ピクリとも動きません。

2014年からの4年間、一緒に暮らしてきた大事なパートナーであったので、ショックに呆然としながらも、大事にプランターに穴を掘って埋めてあげました。春には土になっていることでしょう。

『さよなら。ギンブナちゃん。(´;ω;`)』

という記事を書きました。


死んでいたと思われたギンブナちゃん。まさか生きているなんて..。
IMG_4129


本日(2018年11月25日)、遅めに起床してから11時頃にビオトープの観察と見回りをかねてベランダに出ました。何も問題はなく、いろいろ見ていると、プランターに昨日、埋葬していたギンブナちゃんが飛び出ています。

『あれっ。しっかり埋葬したはずなのに。ゴメンね。ギンブナちゃん。』と鳥にでもつつかれたのかな?と申し訳なく思い、スコップを取り出して、再び土を掘りました。

昨日は暗かったので掘りが甘かったのかもしれません。再び鳥に掘り返されないように深く深く掘りました。

『よしっ。今度は鳥につつかれないように埋葬したよ。ゴメンね。ギンブナちゃん。』とギンブナちゃんを動かそうとしたところ、ギンブナちゃんがピクッと動いたように感じました。

死んでいるし動く訳ないので目の錯覚かと思いました。また、動かそうとすると、ピクピクッと動いたように感じました。

『!?』

何か虫か小動物でも地中にいて、ギンブナちゃんを食べているのだと思いまして、恐る恐るギンブナちゃんを動かそうとしますと、ピクピクピクッ!!!とギンブナちゃんは動いたのです。

『ギンブナちゃんが生きている!』

そうなんです。ギンブナちゃんは生きていたのです。私は急いで空いている容器を探しました。

どれか悩みましたが、大きすぎても小さすぎてもよくないし、太陽光が当たったほうがいいのか、当たらないほうがいいのか悩みましたが、常温の水でいいのか、暖かい水のほうがいいのか、わかりません。

悩みぬいた上に、ショックを与えるのが一番よくないと思い、屋外で育っていた常温の水(もちろんカルキ抜き)で、太陽のあたる小さい容器にしました。

ギンブナちゃんは地中にいたので泥まみれで、綺麗に流してあげてもよかったのですが、これもショックを与える、イコール、本当に死んでしまうと思いまして、まずは水の中に入れるのが先決であると思い、水の中に入れました。

するとギンブナちゃんは、息をし始めたではありませんか。口をパクパクして必死に生きようとしています。そんな姿を見て、私は涙が出てしまいました。長くビオトープをしていて初めてのことです。

ギンブナちゃんは、初め弱々しく口をパクパクしていましたが、そのうちに口をパクパクしている回数が早くなりました。『頑張れ!ギンブナちゃん!』と応援することしかできません。口はパクパクしているものの、体はまったく動きません。

どれくらいでしょうか。1時間ほど見ていると体はまだ動かないものの目が黒く光りがともってきたのがわかりました。『これは大丈夫かも!』と私は変な話で根拠はありませんが、生き帰ってくれる!と確信してしまいました。


弱々しく口をパクパクしているギンブナちゃん。頑張れー!!!
IMG_4133


しばらくすると、呼吸は落ち着いてきており、光のともった黒目はそのままですが、口からとエラから泥を吐き始めました。体内に入ってしまった泥を吐き出しているのです。

そしてエラが白くなってきました。体もピクッピクッと尾っぽを振りはじめました。しかしながら『頑張れ!あと一息だ!ギンブナちゃん!』と応援するしかできません。
IMG_4136

そうして14時を過ぎたころ、ついにギンブナちゃんは、ついに泳ぎ始めたのです。

信じられません。昨日夜22時に飛び出し発見(だから飛び出したのはもっと前かもしれません)から本日11時に生きている状態で発見されるまで13時間も水の外にいたのです。
IMG_4138

泳ぎ始めたものの、まだまだ弱々しいギンブナちゃん。しばらく注視しなくてはいけません。しかしながら何という生命力なのでしょうか。驚きを禁じえません。
IMG_4140

さらにしばらくすると、泳いでいるので、体についている泥もとれてきました。
IMG_4146

小さな容器から大きな容器に移してあげました。大きな容器に移す時には、体についている泥をとってあげました。

最初は大人しくしていましたが、最後は尾を振って水に飛び込んでいきました。しばらくはこの大きな容器で生活してもらいます。『よかった!ギンブナちゃん!』
IMG_4149


◆11月24日夜から25日昼の気温

気温は11月25日5時では、7℃と大変低い気温となりました。このような気温の中で、しかも地中の中で生き抜いたギンブナちゃんの生命力に改めて驚嘆しました。

日時気温
11月24日 22時9℃
11月24日 23時9℃
11月25日 0時10℃
11月25日 3時8℃
11月25日 5時7℃
11月25日 9時10℃
11月25日 12時14℃


懺悔します
 ギンブナちゃんを殺してしまいそうになりました。大変申し訳ありません。てっきり飛び出し死と思い、ろくに確認もせずに土の中に埋めてしまいました。

そう、私は必死に生きようとしているギンブナちゃんを、あろうことか生き埋めにしてしまったのです。本当に生き物を飼育している身として、恥ずかしい限りのことをしてしまいました。

いつも間にか、変に慣れてしまい、粗末に扱ってしまったんだと思います。今日という日を忘れない為にプログを書きました。

最後に、家族にも顛末の話をしたところ、一言。

 『だから、お通夜があるのね。』

変に納得してしまいました。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

今日夜に様子を見にベランダを出てみると『?!魚?あぁ!ギンブナが飛び出て死んでいる!』。そうなんです。ギンブナが死んでしまったのです。

ギンブナが我が家にきたのが2014年ですから、4年しか生きませんでした。ギンブナの寿命は10年程度らしいので、半分も生きていないことになります。ギンブナちゃん、申し訳ないですm(__)m。

しかし、この寒くなってきた時期に飛び出し死とは?暑い日に酸欠状態になって飛び出し死することはあれど、この時期に何故?という思いがあります。

◆魚が死ぬ主な原因
 ・酸欠による死
 ・衝突による死
 音に驚いて飛び出しによる死
 同居の魚に齧られて驚いて水槽に衝突、
  または水槽から飛び出し死

 ・アンモニア(有毒)による中毒死
 ・病気による死
 ・餓死
 水質が悪い、水が汚れていることによる
  飛び出し死


飛び出し死に関連するものを上記で3つです。音に驚いたのでしょうか?ベランダと言え、静かな環境であり、大きな音があったとは思えません。

同居の魚、金魚でしょうか?金魚とは仲良くやっておりまして、かれこれ2年でしょうか。水質が悪い、水が汚れているのでしょうか?

最近は寒くなってきているので、エサを与える頻度も少ないので、水質はむしろ綺麗だと思います。

スポンサー広告



飛び出し死してしまったギンブナ。救ってあげられなくてゴメンね。
IMG_4129

残りは金魚だけになりました。最近は容器が沢山あり過ぎるので、自然にまかせて、数が減ったら、容器も減らしてきています。

今回ギンブナが亡くなったことにより、来年の春に水替えする時は、容器の中に飼育する生体の編成は、大きく変えることになると思います。
IMG_4132



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

ホテイ草を越冬させる為に11月初旬にホテイ草を簡易ビニールハウスを作成して移動させました。最近はめっきり寒くなってきました。

特に朝晩は冷え込んできて、朝起きると一枚羽織らないと風邪をひきそうです。もう少しで本格的に寒くなりそうですね。今回は第3回目の途中経過です。

◆ホテイ草の越冬
ホテイ草(=ホテイアオイ)は低光量と寒さには弱いです。

基本的に、昨今の外来種問題で越冬することもありますが、ホテイ草は冬に枯れると思ってください。

屋外のビオトープや池などでは冬になると葉は枯れ茶色くなって腐って溶けてしまいます。冬場は寒さの凌げる場所で育成できれば、春に新たなホテイ草を購入しなくても済みます。

一年草と見切りをつけて低価格で手に入る植物なので毎シーズン春に新たなホテイアオイを購入してくるのもありだと思います。

◆気象データ
本日の天気        最高気温 最低気温
 (曇り)時々(晴れ) 13.0℃    7.0℃


ビニールをかけただけの簡易ビニールハウスです。
IMG_4113

ビニールをとると、3株とも元気そうで萎れた葉や枯れた葉はありませんでした。
IMG_4114

まだ元気そうですが、ちょっとヘナッとなってきたでしょうか。
IMG_4116



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ