虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

2018年11月


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』でありますが、以前にテラコッタトンネルを縦置きにしたところ、脱走名人のカメさん通りに、テラコッタトンネルを足場にして、水槽の縁に爪をかけて、腕力に物言わせて見事に脱出してしまったのでありました。

2018年10月7日記事ミシシッピニオイガメのミッピーちゃん(20)屋内でも脱走した!

脱走したミッピーちゃんの甲羅はかなり乾いており、甲羅の一部は白くなっておりました。水に入れても白くなった甲羅はしばらく治りませんでした(病気やケガをしたわけではありません)。

季節が10月だからいいものの、これが真冬であれば、室内とはいえ一気に凍死に向かって一直線となり、とても危険な環境であることがわかりました。

そこで対策として、テラコッタトンネルを横置きして脱走しないようにしましたが、もともと縦置きで購入しましたので、水槽にしっくり設置できません。

そこでテラコッタトンネルにかわるものをネット店、リアル店で探してみましたが、なかなか見つかりません。

テラコッタトンネルは縦13cm、横13cm、高さ18cmなのですが、縦横は同じでいいとしても、高さは脱走できないような高さ、しかも水面付近でミッピーちゃんが休める高さとなると大体15cmぐらいは必要です。このサイズがありそうでないのです。

再び『温泉姿』、『あったけぇなぁ~』という恰好がどうしても見たいので、なんとか復活させたいのです。そこで脱走させないように柵か蓋かで水槽の縁に爪をかけれないような対策を行なえばいいと考えました。

スポンサー広告



横向きにしたテラコッタトンネル。水槽にしっくり設置できませんが、それはそれでミッピーちゃんは楽しんでくれて、上に登ったり、テラコッタトンネルの中を行き来したりとしています。
IMG_5401

テラコッタトンネルにつかまって『あったけぇなぁ~』と言っていそうなミッピーちゃん。
IMG_4065

スポンサー広告



魚の飛び出し防止柵をつけたミッピーちゃんの水槽。テラコッタトンネルは縦置きに復活させました。再びテラコッタにつかまって『あったけぇなぁ~』と言ってくれるでしょうか。
IMG_4071

魚の飛び出し防止柵。フレームレス用を購入しまして、無理やりフレームありの水槽につけていますので、すぐにとれやすい状態ですが、ミッピーちゃんは水槽の縁に爪を引っ掛けられないので、脱走できないかと思っております。
IMG_4086



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告






❖作成日:2018/11/23
❖更新日:2019/05/23
※モバイルデバイス対応済


コリドラス・アエネウスが病気であります。おそらくカラムナリス病でかなり進行しています。本日、水草をトリミングするついでに隔離容器に入れて薬浴させることにしました。

◆コリドラスが罹りやすい病気

カラムナリス病(口ぐされ病、尾腐れ病)
 【症状】
  症状は尾びれやひげが溶けていく病気で一度発症すると再発しやすいのが特徴です。
  飼育密度が高すぎたりして、ストレスを感じると免疫力が低下して感染しやすくなります。
 【対処】
  まずは隔離容器に移して0.5%くらいの食塩水で塩水浴させることです(もちろん最初から薬浴でも構いません)。1週間程度は様子を見ましょう。それでも治らなければ隔離容器で薬浴させてください。しかし、溶けた部分は治らないのでできるだけ早く発見しましょう。
 【薬剤】
  
グリーンFゴールド、観パラD


・エロナモス病
 【症状】
  初期段階は体の数箇所や全身が血がにじんだよう症状です。腹部や肛門が腫れることもあります。水質の悪化や他の魚の新規導入や追加導入、ストレスによる魚の免疫力の低下や残飯で罹ってしまうことがあります。
 【対処】
  まずは隔離容器に移して0.5%くらいの食塩水で塩水浴させることです(もちろん最初から薬浴でも構いません)。1週間程度は様子を見ましょう。それでも治らなければ隔離容器で薬浴させてください。病気の進行が早いので、できるだけ早く発見しましょう。
 【薬剤】
  観パラD


・水カビ病
 【症状】
  水カビ病は体に綿状(水カビ)のものが付着がついてしまう病気です。
 【対処】
  隔離容器に移して薬浴させてください。体についているカビを取ってから薬浴させたほうが治りも早くなります。1週間程度は様子を見ましょう。
 【薬剤】
  メチレンブルー


・ストレス
 【症状】
  水温や水質の変化、混泳している魚にいじめられたり、水槽の底砂があっていないとストレスで肌荒れになることが多く、鰭の縁部や体表が白くなりとけてしまうことがあります。
 【対処】
 他の魚にいじめられている場合には別の水槽に隔離し、底砂があっていない場合にはコリドラスが食べやすい大きさの底砂を用意してあげましょう。1週間程度は様子を見ましょう。


スポンサー広告



熱帯魚水槽から掬いだしたコリドラス・アエネウス。2匹とも病気です。
IMG_5565

2匹とも元気そうです。
IMG_5564


スポンサー広告



隔離容器を作ります。空いているプラケース容器に用土を少し入れて、隠れ家の流木と土管を1つずつ入れました。鉢は水を入れる時に用土に直接かけると用土が舞い上がらるので、用土が舞い上がらないように鉢に水をかける為に入れています。

隠れ家をセットした後に、ろ過機をセットします。ろ過機は外掛け式フィルター式にしました。


外掛け式フィルター

30cm以下の小型水草・熱帯魚水槽で、費用を安く抑えたい場合には必需品です。
・メリット
  -他のフィルターに比べて安い
  -小型により、小さな水槽でも使用できる
・デメリット
  -濾過能力が低い
  -水面との高低差ができて落水音が発生
  -ろ材がいたみやすい


IMG_5599

次にヒーターをセットします。
IMG_5600

水を入れて、カルキ抜き剤を入れてカルキを抜きます。
IMG_5601

スポンサー広告



薬品を入れます。薬品も、ろ過されますが仕方ありません。
IMG_5607

コリドラス・アエネウスを入れます。元気になってね。
IMG_5613



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。



スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

今週末は3連休です。本日はその1日目です。3連休なので、ビオトープや熱帯魚水槽、ガーデニングなど、やらなきいけないけどやっていない、少し手間のかかることをしようと思っておりました。

最近は熱帯魚水槽の水草、特にモスと、ミクロソリウムが繁茂し、鬱蒼としてきており、我が家の小さい30cm水槽では、熱帯魚がストレスがないように泳ぐスペースを確保しないといけません。そこで本日は水草のトリミングをすることにしました。

他にも上部式ろ過機のフィルターがかなり汚れてきており、フィルターを取り出して、器具を綺麗に掃除しつつ、コリドラス・アウネウスが病気(おそらく尾ぐされ病で進行している。ゴメン!コリちゃん!m(__)m)と思われますので隔離も行います。

スポンサー広告



我が家の30cm水槽。モスと、ミクロソリウムがかなり繁茂しています。逆にアヌビアス・ナナが元気がないです(写真では見えません)。
IMG_5514

特にモスはなかなかの勢いで増えており、ミクロソリウムとアヌビアス・ナナに侵食しています。一番喜んでいるのは、隠れ家が増えたエビたち(ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ)でしょうか。
IMG_5520

上から見ると、水草の勢力図がはっきりと判ります。モスが勢力を伸ばしており、ミクロソリウムが次に伸びています。アヌビアス・ナナは育つのが遅い水草の為、勢力は伸ばせずに元気がありません。トリミングは全て家の中ではできませんので、本格的に寒くなる前に行なえてよかったです。
IMG_5523

スポンサー広告



事前に容器は3つ準備しました。バケツは水草をトリミングする場所です。カットした葉はバケツの中に入れます。プラケース容器は、トリミングが終わった水草を一旦いれておく容器です。水槽内を掃除しますので、トリミングが終了したからといってすぐに戻せないからです。もうひとつの小さなケースは、病気のコリドラス・アウネウスを隔離容器に入れるための一時的に入れてあげる容器です。
IMG_5521

まず最初にモスを取り出します。モスは流木に付着させているので流木ごと取り出します。取り出す時にわかったのですが、モスは勢力をかなり伸ばしていて、ミクロソリウム、アヌビアス・ナナに絡みついており、モスを取り出そうとすると、その2つの水草が一緒にくっついてきて、すべての水草が一緒にとれてしまいます。ただ今はモスだけをトリミングしたいので、モスが絡まっているところをカットして、ようやくモスだけを取り出すことができました。なかなか繁茂しており、厚さも3センチぐらいになっていると思います。
IMG_5527

モスを取り出して、まず最初にすることはモスにエビ(ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ)や貝が付いていないかどうかです。実はかなり付いており、流木ごと取り出してもエビは逃げないのです。エビ、特に赤ちゃんエビがいないかどうか探します。エビがいた場合は手でとって水槽に逃がしたり、水草ごと水槽に入れてゆすいでエビを取り除きます。エビを取り除いた後は、ハサミでモスをバッサリとカットしていきます。ハサミは水草専用のハサミでなく、普通のハサミです。モスはすぐに生えてきますのでカットは大胆に行います。流木からはみ出ているモスは全てカットします。
IMG_5528

繁茂していたモスをカットしてすっきりした流木。
IMG_5529

スポンサー広告



次はミクロソリウムです。ミクロソリウムにもエビ(ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ)や貝がついていないか最初に確認します。

ミクロソリウムは葉が大きいのでエビが奥に隠れている場合は見えずらいので、とりきれない場合があります。

その場合は、カットした葉と一緒にバケツに落ちますので、後で掬いだして水槽に入れてあげます。また、

プラケース容器内に一旦水草を仮置きした時に、泳ぎ始めるのでこちらも後で掬いだして水槽に入れてあげます。よって、事前に準備した3つの容器はカルキを抜いております。下記の写真はミクロソリウムの中にレッドラムズホーンがいたので水槽に戻してあげました。
IMG_5530

ミクロソリウムもかなり繁茂しているのでカットしていきます。枯れかけた葉、葉が密集している部分を中心にカットしていきます。次に流木からはみ出ている部分をカットしていきます。ただ、ミクロソリウムはエビや貝もそうですが、魚も隠れられる水草ですので、カットはほどほどにしておきます。
IMG_5532

繁茂していたミクロソリウムをカットしてすっきりした流木。
IMG_5552

スポンサー広告



アヌビアス・ナナ。葉に穴がいっぱい空いており、元気がないです。葉も小さく少ないので、エビや貝がくっついていないがすぐにわかります。穴が空いて枯れそうな葉はカットしていきます。しかしながら、穴はほとんどの葉にあいているので、あまりカットできません。もう枯れそうな葉だけはカットしました。
IMG_5554

プラケース容器に一時的に入れたトリミング後の水草。
IMG_5556

スポンサー広告



熱帯魚水槽に枯れ葉などのゴミが底に沈んでいるのでピンセットで取り除いていきます。水草に隠れていて、なかなか観察できない生体、オトシンクルスやポルカドット・ローチ、レッドチェリーシュリンプなどが確認できました。
IMG_5557

モスとミクロソリウムだけでかなりの葉の量になりました。葉の中に隠れてレッドチェリーシュリンプが1匹隠れていました。掬いだして水槽に入れてあげました。
IMG_5563

スポンサー広告



病気のコリドラス・アウネウスを水槽から掬いだして隔離容器に入れるために一時的に退避容器に入れてあげます。
IMG_5565

病気のコリドラス・アウネウス。こちらは別の記事で。
IMG_5564

最後にトリミングした水草を再セットしてあげて完了です。
IMG_5619


※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、そういえば今まで正式に体の大きさを測っていませんでした。

今回何故測ろうかと思いますと、以前にテラコッタトンネルを縦向きに置いていたところ、脱走してしまうといった事態になってしまいました。そこで脱走しないようにテラコッタトンネルを横向き置き換えたのでですが、水槽にしっくり入りませんので、新たなトンネルの置物を探そうとしています。

しかしながら、肝心のミッピーちゃんの大きさがわからないことにはどうしようもないので、この機会にどれだけ成長したか大きさを測ってみることにしました。

◆ミッピーちゃんデータ
愛称:ミッピーちゃん
年齢:1才9ヶ月
   (おそらく2017年2月産まれ)
性別:メス

テラコッタトンネルを横にしましたが水槽が小さいのでうまく入らないです。
IMG_5401


◆ミッピーちゃんの大きさの記録

★訂正
2018年11月20日に掲載した大きさは誤っておりました。両手両足を拡げた大きさでしたが、このような形でミッピーちゃんを測ることはできません。

実際には甲羅の長さですので、下記の図も修正いたします(2018年11月25日)。

ミシシッピニオイガメr1

スポンサー広告



ミシシッピニオイガメの大きさは12cm~13cmと言われているので、まだ大きくなるのでしょうか。今でもかなり大きい気がしますし、ちょっと太り過ぎな感じもします。

なお、今回は重さは測りませんでした。調べると重さは生体で150グラム程度だそうです。


カメラを構えると、ポーズをとってくれて、しばらくポーズ姿で止まってくれています。
IMG_20181118_131628

岩などを持って立ち上げる姿が多いです。この姿がとても可愛いです。
IMG_20181118_131605



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

ホテイ草を越冬させる為に11月初旬にホテイ草を簡易ビニールハウスを作成して移動させました。本日も暖かく、まだ本格的に寒くなっていませんが、第2回目の途中経過です。

◆ホテイ草の越冬
ホテイ草(=ホテイアオイ)は低光量と寒さには弱いです。

基本的に、昨今の外来種問題で越冬することもありますが、ホテイ草は冬に枯れると思ってください。

屋外のビオトープや池などでは冬になると葉は枯れ茶色くなって腐って溶けてしまいます。冬場は寒さの凌げる場所で育成できれば、春に新たなホテイ草を購入しなくても済みます。

一年草と見切りをつけて低価格で手に入る植物なので毎シーズン春に新たなホテイアオイを購入してくるのもありだと思います。

◆気象データ
本日の天気        最高気温 最低気温
 (曇り)        17.0℃  10.0℃


ビニールをかけただけの簡易ビニールハウスです。
IMG_5495

水滴がかなりついています。
IMG_5496

まだ元気そうです。水が少なくなってきたので足し水をしました。
IMG_5497



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ