アメリカンランプアイの横に綿のようなものができておりました。水カビ病だと思われます。

水カビ病は熱帯魚の病気の中でもよく罹りやすい病気で別名「わたかぶり病」とも呼ばれます。真菌類が体表に繁殖することにより発生します。普通は健康体の魚には感染しませんが身体やヒレ等に傷がつくと、そこからカビが繁殖していきます。

特徴は、ふわふわとした白い物体がヒレや身体に付着します。そのまま症状が悪化すると全身が綿のようなものに覆われ死んでしまいます。カビがエラまで及んで呼吸が出来ずに窒息してしまうのです。

原因としてはは、水質の悪化です。対処の一つとして、水換えをするだけで水カビ病が回復する可能性もあります。水槽の中には多少の水カビ菌がいますが、飼育環境や魚の体調により水カビ病のリスクは変わります。

水質が悪化してしまう原因はエサのやり過ぎです。魚がエサを食べずに水槽の底に沈殿している場合はこのようになります。

水カビ病の対策として、水槽内の食べ残しなどのゴミなどを取ることが先決です。またアク抜きが出来ていない流木にも出来ることがありますので、流木は煮沸して洗うといいでしょう。

治療は「メチレンブルー」を使った薬浴が一般的です。この薬剤は白点病を主なターゲットにしていますが、水カビにも効果的です。そして「塩水浴」をする方法もありますが、濃度の調整が難しいので薬浴をオススメします。


スポンサー広告



ビオトープ一式揃えたいなら!



アメリカンランプアイの水カビ病の状態。
IMG_6010

バルーン・ブラックマーブルモーリーの目の治療で一緒に薬浴しています。
IMG_6008



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。