春になり桜も咲いて散り、新緑の季節を迎えております。ビオトープもメダカやミナミヌマエビ、ヒメタニシなどが水面に出てきて、楽しむ季節になりましたが、我が家のビオトープは春の水替えをしておりませんでした。なかなか休日に空きがないからです。

しかしながら、ようやく時間を持つことができましたので、遅くなりましたが、ビオトープ容器の水替え、水草の植え替えを行っていきます。本日は姫スイレンの容器を行います。


<目次>
1.容器の概要
2.水替え・植え替えの結果

1.容器の概要
【水生植物】姫スイレン

【水棲生物】ヒメダカ、ミナミヌマエビ、、コリドラス・パレアタス、ヒメタニシ

スポンサー広告



ビオトープ一式揃えたいなら!



すでに姫スイレンが新しい葉を沢山出しております。
IMG_6331

飼育水を排水した後の容器です。藻がすごいですね。
IMG_6332

ヒメタニシが生きておりました。どちらかというとヒメタニシが生きていく上ではいい環境とは言い難いのですが、かなりの数が越冬してくれました。
IMG_6333

スポンサー広告



姫スイレンの植木鉢を取り除きます。用土の表面を藻が覆っております。やはり容器での生育は水生植物も水棲生物も1年が限度ですね。
IMG_6334

流木を取り出すとミナミヌマエビがくっついてきました。
IMG_6335

残った飼育水を網で掬いだすとミナミヌマエビがかなり採れました。ミナミヌマエビにとって決していい環境ではないと思うのですが、人間が思っているのと違うのでしょうか?この姫スイレンの容器では一番多くミナミヌマエビが採れました。
IMG_6337

スポンサー広告



ヒメダカです。丸々と元気に越冬してくれました。
IMG_6336

コリドラス・パレアタス(=青コリ)です。無事越冬してくれました。今年は産卵でもしてほしいですが、未だに夢はかないません。
IMG_6338

全てを取り除いた姫スイレンの容器です。藻が沢山付着しております。藻はそのままに軽く洗い流すのみにします。
IMG_6339

スポンサー広告



姫スイレンです。株がわかれております。
IMG_6340

植木鉢から姫スイレンを抜き取りました。根だらけになっています。
IMG_6341

姫スイレンを1株だけ残して、後は捨ててしまいます。
IMG_6342

スポンサー広告



◆写真のバッテリーが切れた!
春に水替え、植え替えを工程ごとに写真を撮っておりましたが、途中でバッテリーが切れてしまいました。バッテリーを再充電している時間を待ってられないので、特に植え替えや生体を記録した部分が抜け落ちてしまいました。


飼育水を入れて、生体を戻して完了です。
IMG_6357

2.水替え・植え替えの結果
【水生植物】水生植物は姫スイレンですが、すでに新しい浮き葉が沢山生えておりました。日当たりがよい場所だからかもしれません。

・姫スイレン ・・・生存

【水棲生物】ヒメダカは6匹全部越冬しました。コリドラス・パレアタスも全て生きておりました。ヒメタニシとミナミヌマエビが多いのにびっくりしました。特にミナミヌマエビが大量にいたのは、天敵がいないからかもしれません。他の容器は、おそらくマドジョウに捕食されるのである程度減っていました。

・ヒメダカ ・・・6匹
・コリドラス・パレアタス ・・・6匹
・ミナミヌマエビ ・・・多数(途中で数えるのをやめました)
・ヒメタニシ ・・・多数(途中で数えるのをやめました)



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。