虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ

いつものようにプログを眺めていたら、妻が言った『7年もやってるんだから、プログ書いてみたら?』と。こうして始まりました。 屋外(ベランダ)での、メダカ、ドジョウ、エビ、貝や、水生植物の飼育記録をとっていないので、自分自身でも後から見返せるように残しています。

2019年05月


スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

ミシシッピニオイガメの『ミッピーちゃん』ですが、最近は浮島につかまって、まったりと過ごしていることが多く、たまにはそこで寝ていることもあります。

浮島に幸せそうに捕まっていますので、「おはよう!」とか「ただいま!」とか挨拶したり、「食事する?」と声をかけるのですが、この状態ですと、首をこちらに向けてつぶらな瞳で見つめてくれることが多いのですが、動くことはないです。

実はちょっと前には、この浮島を使用して脱走をこころみている姿をよく見かけたのですが、さすがに諦めたみたいで、今は浮島につかまっていることが多いです。実は脱走を企てているのかもしれませんね。

スポンサー広告



浮島を裏返しにして、つかまっているのが好きな『ミッピーちゃん』です。
IMG_6514

浮島につかまって、まったりしていますねぇ。
IMG_6515

スポンサー広告



後ろ足は底についておりません。完全に浮島につかまっており浮き輪がわりです。
IMG_6516

最近は、こんな感じで浮島につかまって浮いています。
IMG_6517

スポンサー広告



浮島が水流で流されても、意地でもつかまっています。
IMG_6518

浮島につかまって頑張って?います。
IMG_6519



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

コリドラス・アエネウスが寄生虫でピロピロ寄生虫と云われる糸状の寄生虫に感染しました。正体はダクチロギルス・ギロダクチルスです。ピロピロ寄生虫が体表に寄生すると、コリドラスは痒がり体を底床やアクセサリーに擦ります。また異常遊泳も見られます。

何の病気でも同じですが、特に寄生虫に感染や病気を発症した場合は、水槽を完全リセットするのが基本となります。

特に寄生虫の場合は、水槽をリセットすると同時にろ過機、ヒーター、流木や敷石などのレイアウト用品、そして水槽内も約50℃の熱湯殺菌や殺虫が有効です(60℃以上のお湯を使用すると、特に水槽のシリコンコーキングが収縮して水漏れの要因となりますので注意してください)。

寄生虫の殺虫処理後は水槽も完全リセットしませんと完全な殺虫処理を行わなかった場合は「卵」や「シスト(生物体が堅固な膜をつくり一時的に休眠状態となったもの)」は薬浴では殺虫出来ませんので再度寄生虫が湧いてしまいます。

水槽をリセットをしてしまうと折角のバクテリアを全て破棄してしまうのが勿体無いと言うような人達が居るようですが水槽をリセットしないことには同じ病気の再発率や寄生虫の感染などが高くなります。新しい水から再度リスタートしても管理方法とろ過器にもよりますが大体10日で元通りのバクテリア繁殖率に戻せます。

今回は2個目の30cm水槽のリセットになります。


スポンサー広告



今回リセットします30cm水槽です。アベニーパファー、エンドラーズグッピーなどがおります。
IMG_6746

45cm水槽から移動させましたエンドラーズグッピー
IMG_6747

スポンサー広告



ミクロソリウムです。光量が少なくていい水草を植えておりますが、ミクロソリウムは45cm水槽でも30cm水槽でも一番元気に育っています。
IMG_6748

水草をとったところです。ソイルからゴミが舞って見えないですね。
IMG_6750

スポンサー広告



タイガープレコです。ひさしぶりに姿を現しました。元気そうですね。
IMG_6751

変な粒のようなものが流木についておりました。
IMG_6756

スポンサー広告



コリドラスにソイルとの相性が悪く、病気に罹りやすく、寄生虫にも感染し易くなりますので、今回ソイルはやめて、田砂を使用することにしました。
IMG_6741

水草や流木をセットしました。
IMG_6757

スポンサー広告



魚たちを戻してあげて完了です。
IMG_6774

元気そうに泳いでいるエンドラーズグッピーのメスたちです。
IMG_6775





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

コリドラス・アエネウスが寄生虫でピロピロ寄生虫と云われる糸状の寄生虫に感染しました。正体はダクチロギルス・ギロダクチルスです。ピロピロ寄生虫が体表に寄生すると、コリドラスは痒がり体を底床やアクセサリーに擦ります。また異常遊泳も見られます。

何の病気でも同じですが、特に寄生虫に感染や病気を発症した場合は、水槽を完全リセットするのが基本となります。

特に寄生虫の場合は、水槽をリセットすると同時にろ過機、ヒーター、流木や敷石などのレイアウト用品、そして水槽内も約50℃の熱湯殺菌や殺虫が有効です(60℃以上のお湯を使用すると、特に水槽のシリコンコーキングが収縮して水漏れの要因となりますので注意してください)。

寄生虫の殺虫処理後は水槽も完全リセットしませんと完全な殺虫処理を行わなかった場合は「卵」や「シスト(生物体が堅固な膜をつくり一時的に休眠状態となったもの)」は薬浴では殺虫出来ませんので再度寄生虫が湧いてしまいます。

水槽をリセットをしてしまうと折角のバクテリアを全て破棄してしまうのが勿体無いと言うような人達が居るようですが水槽をリセットしないことには同じ病気の再発率や寄生虫の感染などが高くなります。新しい水から再度リスタートしても管理方法とろ過器にもよりますが大体10日で元通りのバクテリア繁殖率に戻せます。


スポンサー広告



リセット前の水槽です。オトシンクルス(左の方)が亡くなられておりました。
IMG_6717

まずは水槽から水を抜きます。
IMG_6718

スポンサー広告



ろ過機がかなり汚れています。
IMG_6722

ミクロソリウムです。光量が少なくていい水草を植えておりますが、ミクロソリウムが一番元気に育っています。
IMG_6723

スポンサー広告



アヌビアスナナも光量がよくていいはずなのですが、枯れてきてしまいます。
IMG_6724

イグロフィラ ポリスペルマは元気に育って株が増えておりました。
IMG_6725

スポンサー広告



ロタラ ロトンディフォリアも元気に株が増えておりました。
IMG_6726

水草を抜いた状態の水槽です。ソイルが濁っております。
IMG_6729

スポンサー広告



熱帯魚たちを掬いだします。普段あまり見ることができない、チャイナバタフライ・プレコを見ることができました。元気そうです。
IMG_6731

ポルカドット・ローチも元気でした。普段は臆病な性格の為に見ることがなかなかできない熱帯魚なんです。
IMG_6732

スポンサー広告



退避した熱帯魚たちです。ヤマトヌマエビがかなり多くおりました。
IMG_6733

熱帯魚を取り出して、水だけになった水槽です。水を捨てて、用土を取り出して、水槽やろ過機、ヒーター、流木や敷石などのレイアウト用品を熱湯(50℃)消毒を行いました。
IMG_6736

スポンサー広告



本日は真夏日ですので、熱湯消毒した後に、外で直射日光に当てて乾燥させました。
IMG_6740

コリドラスにソイルとの相性が悪く、病気に罹りやすく、寄生虫にも感染し易くなりますので、今回ソイルはやめて、田砂を使用することにしました。
IMG_6741

スポンサー広告



新しいレイアウトの水槽です。黒っぽいソイルもいいですが、明るい田砂のほうがいいですね。
IMG_6771

岩穴を設置しました。ゴールデンハニーレッド・ドワーフグラミーやヤマトヌマエビが隠れ家にしています。
IMG_6773





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済

昨年から冬越しさせたホテイ草ですが、少しずつですが株が大きくなってきました。本当は毎年春に購入し直したほうが最初から大きい株で、その後の成長も早いのですが、本来は冬越しできることを知り、簡易ビニールハウスで冬越しさせました。

冬越しは成功したものの、春になっても、冬のダメージがあるのか、しばらくは成長せず、枯れもせずに、成長が止まっていたホテイ草でしたが、ここにきて日の光と水中の養分を摂取して、大きくなってきました。


スポンサー広告



冬越しした後のホテイ草です。4月初めに撮った写真です。
IMG_6098

現在のホテイ草です。
IMG_6497

ようやく元気な葉がでてくるようになりました。
IMG_6499

スポンサー広告



ハスは2つ目の立ち葉が生えてきております。まだ日を遮るようなレベルではないのですが、どんどん葉を増やしてもらって、暑い夏には立派な日除けになるようになってほしいです。そして花も沢山咲かせてほしいと思います。
IMG_6501

浮き葉と近くを泳ぐヒメダカです。
IMG_6504



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告



スポンサー広告


※モバイルデバイス対応済(不要)

5月6日にイネの芽出しを行ってから、20日経ち、芽も大きくなってきたので、植えることにしました。いきなり暑くなりましたが、昨年は早すぎたことを反省して、少し遅めの植え替えにしました。


イネはこんなに大きくなりました。
IMG_6758

イネの根がティッシュにしっかりと食い込んでいます。
IMG_6759

スポンサー広告



イネの飼育には荒木田土を使用します。以前は他の用土を試してみたのですが、どうもしっくりこないので荒木田土にしています。
IMG_6760

荒木田土をプランターに敷き詰めます。
IMG_6761

スポンサー広告



プランターに水を入れていきます。
IMG_6762

イネを植えて完了です。1株ずつわけません。何株かをまとめて植えてしまいます。それでもバケツイネ(プランターイネですが)問題ないです。今年も大きく育ってほしいです。
IMG_6763



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。


スポンサー広告


↑このページのトップヘ