本日は雲が暑く、太陽の光が届かない為か、猛暑に比べて少しですが収まった感じでした。とはいえ、とても蒸し暑くてメダカたちのお世話をしようとしますと、汗がダラダラでるのは猛暑の日と変わりません。今週は先週の猛暑日が続いた状態に比べますと、日本列島に前線が停滞して曇りや雨の日が多いので、少しは暑さが和らぐと言われています。

我が家の生き物たちも夏の終わりを告げる出来事がありました。一つ目はカブトムシです。7月8日に羽化を確認して、1ヶ月ちょっとでオスが全て亡くなりました。まだメス(おそらく2匹)が残っておりますが、夏の終わりを感じます。二つ目はイネですが、稲穂の元になる幼穂(ようすい)が出てきました。

毎年のことですが、この2つの出来事がありますと、夏の終わりの始まりを感じます。ただ、日付けは8月19日ですので、8月は残り10日程度ですので、あっという間です。しばらくは暑さが続きそうなのですが、秋がもうそこまで近づいてきているのです。

スポンサー広告



カブトムシの最後のオスが亡くなりました。
IMG_0318

イネの幼穂(ようすい)です。
IMG_0322



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。